So-net無料ブログ作成

わろてんかあらすじネタバレ3週13話&感想,松坂桃李は運命の人と占い師のお墨付き? [ドラマ]

このページは新しいサイトへ移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。






わろてんかあらすじネタバレ3週13話と感想をまとめてみました。

NHK朝ドラわろてんか3週13話では藤岡屋が洋楽専門店となっています。

そして藤岡てんの妹りんに縁談が舞い込みます。

そこで父親が慌てて藤岡てんの結婚相手を探すことに。

しかし藤岡てんは北村藤吉との再会で心が揺らぎ始めます。

今回はNHK朝ドラわろてんか3週目(13話~18話)のあらすじを簡単にお伝えした後に、わろてんか3週13話のあらすじネタバレを紹介します。


スポンサーリンク





わろてんか3週目あらすじネタバレをざっくり簡単に,13話~18話


てん(葵わかな)と久しぶりに再会した藤吉(松坂桃李)は、自分が売れっ子芸人だとてんにウソをつく。だがリリコ(広瀬アリス)から、藤吉は船場の大店(おおだな)の長男坊だと聞かされたてんは、長男・長女の自分たちが決して結ばれない関係だと知り、藤吉への思いを断ち切ろうとする。後日、キース(大野拓朗)が起こした喧嘩に巻き込まれた藤吉が大きな怪我を負い、てんは藤岡屋の蔵で藤吉たちを匿うことにする。それに気づいた儀兵衛(遠藤憲一)は激怒し、藤吉を追い出して、代わりにてんを蔵に閉じ込めた。

引用:NHKわろてんか

わろてんか3週目では藤岡てんと北村藤吉が再会し、お互いに愛情があるもののリリコの邪魔が入るなど多くの障害がありなかなか上手くいきません。

藤岡てんは長女で藤岡屋の跡取り娘、そして北村藤吉も長男で跡取りです。

2人の恋の行方が楽しみです。


わろてんかあらすじネタバレ3週13話のまえに12話おさらい,まさかの兄のナレ死!


NHK朝ドラわろてんか2週12話では兄の新一が「儀兵衛の笑いがこの家に響いてほどなく新一は家族の笑顔に包まれ静かに息を引き取りました。」
とナレ死してしまいました。

兄の新一が亡くなってしまったことで、藤岡てんは立派なお婿さんをもらって藤岡屋を守ると決心します。

藤岡てんが藤岡屋や父のために今できることは、伊能栞に手紙を送ることだと考え、家族への想いを綴った手紙と兄の論文を送ります。

それを読んだ伊能栞は藤岡屋に訪れ、藤岡てんの父親に事業と研究への投資を申し出ます。

藤岡てんの父親は投資の申し出は藤岡てんと結婚するのが前提だと考えていました。

しかし伊能栞は結婚は縁があれば自然にそうなると断ります。

伊能栞が結婚を断ったのは、藤岡てんが北村藤吉を想っている気持ちを大切にするためで、藤岡てんに興味がないわけではありません。

藤岡てんは北村藤吉のことを夢の中の人だったと諦め、伊能栞との結婚も覚悟していました。

そんな藤岡てんに思いもよらないことが起こります。

なんと北村藤吉と偶然再会してしまうのです。


それではNHKわろてんか3週13話に入ります。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ3週13話,松坂桃李は運命の人?







藤岡てんに北村藤吉が偶然ぶつかったことで運命の再会を果たします。

北村藤吉は藤岡てんとの再開に戸惑いながらも藤岡てんに美人になったと。

藤岡てんは北村藤吉に「何でここに?」と質問。

すると北村藤吉は「寄席に出演するためで、大阪の寄席ではトリを務め引っ張りだこだ」と答えます。

しかし藤岡てんは大阪の寄席に行ったことを伝えます。

それを聞いて困った北村藤吉は「占いで方角が悪いと聞き寄席に出演するのを止めた」と嘘を言います。

そして北村藤吉は冗談を言い、藤岡てんはまた昔のように笑います。

すると北村藤吉が「変わらないな、おてんちゃんの笑顔」と。

そこへ武井風太が現れ「こんなどこの馬の骨とも分からないヤツとは付き合うな」と連れて帰ります。


藤岡屋は新しい船出をしました。

藤岡屋は藤岡儀兵衛の念願だった洋薬の専門店となります。

洋薬専門店になれたのは藤岡てんの兄と伊能栞のおかげでした。

武井風太はどういうわけか急にせっせと働きだしドイツ語の勉強を始めます。

しかし藤岡てんは北村藤吉と再会し、動揺を隠せません。

父は藤岡てんがまさか北村藤吉と再会したとは思ってもおらず、一刻も早く婿をとって藤岡屋を継ぐようにと伝えます。

父は藤岡屋を継ぐことが藤岡てんが笑って生きられる一番の道だと信じていました。

そこに藤岡てんの妹りんに縁談話が舞い込みます。

祖母、母、てんは良い縁談と喜びますが、りんは姉が先に決まってからではないと、、、と躊躇します。

父は妹りんの意見に賛成で、藤岡てんの婚約者を探し始めます。

父親曰く、もうあれこれ条件をつけている場合ではないと。

そして10件近くの縁談を藤岡てんに持ちかけ、よく吟味しとけと伝えます。

藤岡てんの様子がおかしいことに妹りんが気づき「もしかしてお婿さんをとるのが嫌なのか?」と聞きます。

そこで藤岡てんは北村藤吉に神社で再会したこと白状することに。

すると近くにいたトキとりんは恋わずらい?と興奮気味。

一方、北村藤吉もキースに藤岡てんと再会したことを告白。

そして美人になっていたと付け加えます。

するとキースが恋わずらい?と。

北村藤吉は否定しますが、キースが時を超え出会った祭りで再開するのは運命だと言い出します。

その話を聞いていた旅芸人の娘リリコが「何が運命だ、そんなに運命だと言うなら占い師に2人の相性を聞いてみろ」と占い師を紹介します。

そこで北村藤吉はリリコに紹介された占い師のところに行くことに。

占い師に北村藤吉と藤岡てんの相性をみてもらうと「藤岡てんとの再会は大凶で、2人でいると次々と災いが起こり命に係わる」と言われてしまいました。

しかしこれはリリコが仕組んだもので、占い師にお金を渡しリリコの都合のいいように言わせていただけでした。

じつは同じころ藤岡てんも女中トキに連れられて、父親が持ってきた見合い相手との相性を占い師に見てもらうことに。

すると占い師は見合い相手との相性は全て悪く、今好きな人が運命の相手だと告げます。

それを聞いたトキは旅芸人の北村藤吉が運命の人なんだと興奮気味に話します。

その話を北村藤吉はそばで隠れて聞いてしまいました。

じつは北村藤吉が見てもらっていた占い師は、北村てんが見てもらった占い師と隣接していたのです。


スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ3週13話後編,松坂桃李の手紙は全て嘘だった!


藤岡てんがある日、神社を歩いていると旅芸人のリリコが歩いてきます。

リリコは今でいうアイドル的存在で親衛隊もいるほどの人気者。

藤岡てんに気づいたリリコは2人きりになると、北村藤吉が藤岡てんに会えて喜んでいたと伝えます。

しかし北村藤吉が8年旅を続け売れっ子芸人になったというのはウソで、売れっ子どころか旅なんか全くしておらず、とっくに芸人を辞めて大阪の実家に帰っていたと。

そして、ちょっと前にばったり出会い運命の再会だと北村藤吉が大喜びしてリリコにくっついてきたと伝えます。

さらにリリコは北村藤吉が書いた手紙は全て作り話だったと告げます。


藤岡てんは北村藤吉の手紙が全て嘘だったということにショックを受け動揺を隠せません。


ここでNHKわろてんか3週13話は終わりです。



わろてんかあらすじネタバレ3週13話の感想,藤岡てんは北村藤吉を諦めきれない?


わろてんか3週13話では、妹りんに縁談話が舞い込みました。

妹りんに縁談話が舞い込んだことで、藤岡てんの縁談も急かされることになってしまいました。

昔は順番を気にしていた時代で、妹が先だと姉の評判が悪くなる時代でしたよね。

ですので妹よりも姉の結婚相手を先に決めたくなる父親の気持ちも分かります。

しかも藤岡てんは入り婿を貰わなくてはなりません。

条件的にも不利な藤岡てんの婚約者を早く決めておきたかったのは親心でしょう。

しかし藤岡てんは北村藤吉との偶然の再会で気持ちが揺るぎ始めます。

占い師にも運命の人は見合い相手ではなく北村藤吉だと言われています。

占い師から運命の人が北村藤吉だと言われてしまえば、もう気持ちは決まったも同然のような気もしますよね。

どんなにリリコが邪魔をしても、2人の気持ちを止めることはできないでしょう。

今後は北村藤吉と藤岡てんがどのように恋に落ちていくのか楽しみですね。


それでは明日のわろてんか3週14話を楽しみに待ちたいと思います。




スポンサーリンク









コメント(0) 

わろてんかあらすじネタバレ2週12話,兄の新一がナレ死で千葉ロス! [ドラマ]

このページは新しいサイトへ移転しまいた。新しいサイトに自動的にジャンプします。






NHKわろてんかあらすじネタバレ2週12話と感想をまとめてみました。

わろてんか2週12話では、ついに兄の新一(千葉雄大)が病死し千葉ロスと話題になっています。

そしてもう1つ話題になっているのは兄の新一(千葉雄大)がナレ死であったこと。

兄の新一(千葉雄大)の最期が放送されることなく、ナレーションで死亡(ナレ死)してしまいました。

わろてんか2週12話は兄新一のナレ死と千葉ロスでダブルショックです。

こちらでは兄のナレ死部分もお伝えします。

それではNHK朝ドラわろてんかあらすじネタバレ2週12話を紹介します。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週12話のまえに11話のおさらい


NHK朝ドラわろてんか2週11話では、藤岡屋の経営難が伊能製薬に伝わり、伊能栞と藤岡てんの結婚が破談となってしまいました。

藤岡屋の経営難は藤岡屋の取引先にも伝わっており、藤岡屋に押しかけてきました。

しかし藤岡屋には支払いできるお金がなく、藤岡てんの父親は親戚に金策にいくことになります。

父親が留守の間の藤岡屋を守っていたのは兄の新一でした。

しかし兄は心労で倒れてしまいます。

医者に往診してもらうと兄の病状は思わしくなく、兄に効果がある薬が日本にはありません。

余命わずかであることに気づいていたのか、兄の新一は妹の藤岡てんに「これからはお前がお父さんを笑わせてくれ」と頼みます。

藤岡てんが兄との会話を終え台所に行くと、従業員や家族が父親がいなくなったと大騒ぎしています。

父親は藤岡屋が破たん寸前なことに気落ちし、自殺するのではないかと家中大騒ぎです。

そこで蔵を見に行くと、父親が縄で自殺する寸前でした。

従業員や家族は懸命に父親の自殺を止めようとします。

しかし父親の自殺未遂はただの勘違い。

家族や従業員が勝手に思い込んでいただけでした。

じつは父親は藤岡てんの結婚が破談になったので、結納のために準備したものを蔵に片づけていただけでした。

そして皆が大笑いします。


それではNHKわろてんかあらすじネタバレ2週12話に入ります。


スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週12話,兄の新一がナレ死&千葉ロスにショック者続出!


ナレーション始まり

「儀兵衛の笑いがこの家に響いてほどなく新一は家族の笑顔に包まれ静かに息を引き取りました。」

ナレーション終わり

朝食時、母がみんなに聞こえるように「家族水入らずで新一も嬉しかったと思う」と話しだします。

父親が続けて「新一のためにも泥水をすすってでも店の再建に励まなければ」と。

祖母が父親に「心意気はいいが、仏頂面は困りますよ」と。

すると武井風太が「旦那さんから仏頂面を取ったらのっぺらぼうだ」と言いみんなが笑い出します。

藤岡儀兵衛はゲラゲラ笑うのが苦手です。

しかし藤岡てんには「思いっきり笑って生きるように」と伝えます。


藤岡てんは兄が亡くなったことで、兄のようにはなれないけれど、立派な婿さんを貰って藤岡屋を守ると決心しました。

その第一歩として伊能栞に手紙を送ります。

藤岡てんが伊能栞に手紙を書くことは、今の藤岡てんにとっては藤岡屋や父のためにできる精いっぱいのことでした。

それを聞いた武井風太が上手くいくわけないと。

武井風太は藤岡屋と藤岡てんのことは俺が守ると続けようとします。

しかし武井風太が言い終わる前に伊能栞が藤岡屋を訪ねてきます。

伊能栞は奥の部屋に招かれ父親、母親、藤岡てんの4人で話し始めます。

伊能栞が訪ねてきた理由は、藤岡てんが手紙と一緒に送ってきた新一の論文を読んで感銘したからだと。

伊能栞はドイツに渡った日本人が新薬を開発したと聞いたそう。

これからは外国から薬を買うのではなく、それをまねた薬をつくるのでもなく、日本でしかできない新しい薬を作る時代だと考えてます。

兄の新一が考えていたことは夢物語ではないと続けます。

しかし伊能製薬には古くからの付き合いやしがらみがあるため新しい挑戦はできません。

そこで伊能栞はこの事業と研究に投資をしたいと申し出ます。

藤岡儀兵衛がどうしていいか悩んでいると、伊能栞が「新一さんが遺してくれた贈り物です。一緒に受け取らせてください」と伝えます。

藤岡儀兵衛や母は涙が止まりません。

そして藤岡儀兵衛はなんとか涙を堪えながら「よろしくお願いします」と深く頭を下げます。

すると部屋の外が騒がしくなり部屋の外で聞いていた従業員や祖母、そして妹が襖が外れたことでバタバタと伊能栞たちがいる部屋の中へ倒れ込みます。

祖母は伊能栞の前で愛想良くし、伊能栞に見れば見るほど素敵な人だと伝えます。

そして藤岡てんには以前から伊能栞との結婚を進めていたと。

(祖母は伊能栞との結婚反対派)

すかさず、父親が藤岡てんとの縁談も進めていいですよね?と伊能栞に聞きます。

すると伊能栞はビジネスパートナーにはなるが縁談は断ると。

続けて伊能栞は西洋の自由恋愛に憧れていて、藤岡てんとも縁があれば自然とそうなるだろう。

あとはお互いの心に任せたい、、、と伝えます。

すると祖母は、てんがダメなら妹のりんはどうか?と。

さらには「後家でよければ私もいます」と大胆発言。

その祖母の話にみんなが笑い出しました。



スポンサーリンク








わろてんかあらすじネタバレ2週12話後編,高橋一生と松坂桃李が三角関係に発展?


藤岡てんは伊能栞が藤岡屋を出たあとを走って追いかけ、呼び止め2人だけで話します。

藤岡てんは伊能栞にどうしても、もう一度お礼を言いたかったのだとか。

伊能栞は2人きりになると縁談は断ったが君に興味がないわけではないと言い出します。

藤岡てんが兄の論文を送ってきたのには脅かされたと。

そして論文に添えられた手紙には藤岡てんの家族への想いが詰まっていて、藤岡てんとなら素敵な家族を作れそうだと言ってくれました。

その話を聞いて、それでも結婚相手は私ではダメなのか?と伊能栞に聞いてみます。

すると伊能栞は藤岡てんには他に想いを寄せる人がいるからだと。

そして伊能栞は「お祭り楽しそうだな」と話をそらします。

藤岡てんはもうすぐくすり祭りがあると答えます。

伊能栞は、じゃあまたと帰っていきました。


藤岡てんは伊能栞と別れ自宅への帰り道、北村藤吉と初めてあった時のことを思い出してます。

すると藤岡てんにぶつかってきた男がいました。

藤岡てんはその拍子で北村藤吉にもらった鈴を落としてしまいます。

ぶつかってきた男が「すいません」と言いながら藤岡てんに鈴を渡そうとします。

藤岡てんは鈴を拾ってくれた男の顔を見てビックリします。

藤岡てんがビックリしたのは、鈴を拾ってくれた人が鈴をくれた張本人の北村藤吉だったからです。

北村藤吉は藤岡てんのビックリした顔と鈴を見て「まさか、おてんちゃん」と動揺します。


ここでわろてんか2週12話は終わりです。


わろてんかあらすじネタバレ2週12話の感想,兄新一がナレ死にまさかの声続出?


わろてんか2週12話では兄の新一が病死してしまいました。

てっきり兄の新一が病死する場面は少し長めに時間をとるだろうと考えていたので、2週12話の最初のナレーションだけで終わってしまったことには少し驚きました。

わろてんかの視聴者の中にはやはり同じようなことを考えていた人が多かったようで、「兄新一がナレ死」と話題になるほどだったようです。

わろてんかでは千葉雄大さん見納めだったので、もう少し長くみたかったと感じました。

千葉雄大さんの仕事の関係なのでしょうかね。

千葉ロスショックです。

そして2週12話では、ついに松坂桃李さんと再会しましたね。

なんと偶然にぶつかってきた男が北村藤吉とは。

ドラマには偶然が多いものですよね。

藤岡てんとの縁談を伊能栞は断っていますが、どうやら藤岡てんに興味があるようです。

藤岡てんも北村藤吉と再会していなければ、伊能栞に魅かれていったのかもしれません。

今後は藤岡てんと伊能栞、そして北村藤吉の三角関係になっていくのでしょうか?

それでは来週のわろてんか3週13話を楽しみに待ちたいと思います。




スポンサーリンク










コメント(0) 

わろてんかあらすじネタバレ2週11話&感想,しずの夫が自殺未遂と勘違いで大笑い? [ドラマ]

このページは新しいサイトへ移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。






NHK朝ドラわろてんかあらすじネタバレ2週11話と感想をまとめてみました。

NHK朝ドラわろてんか2週11話では藤岡しず(藤岡てんの母)の夫が自殺するのではと大騒ぎになります。

しかし実際は藤岡しずの夫は自殺しようとしていたのではなく、あるものを片づけようとしていただけ。

じつは藤岡しずの夫が自殺するのでは?と勘違いされたのには訳がありました。

どんな理由からだったのでしょうか?

そして、わろてんか2週11話では伊能栞(高橋一生)と藤岡てんの結婚が破談となり、伊能栞(高橋一生)が夫にならないことも分かりました。


それではNHK朝ドラわろてんかあらすじネタバレ2週11話を紹介します。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週11話の前に10話おさらい


NHK朝ドラわろてんか2週10話は、大阪で危ないところを見合い相手である伊能栞に助けてもらいました。

そして藤岡てんが危険な地域に行ったことを知って追いかけてきた武井風太と一緒に伊能栞のオフィスに行くことに。

伊能栞が寄席に行っていたのは文化や芸能など全般に興味があり、将来仕事にしたいと考えているから。

そのために大衆演芸を学び直おしています。

翌日、藤岡屋に2人が帰ると父親は大激怒。

藤岡てんを蔵に入れ、北村藤吉から届いた手紙を全て燃やしてしまいます。

そして藤岡てんは北村藤吉は影法師で夢の中の人だったと北村藤吉のことを忘れることに。

藤岡てんが蔵から出してもらえたのは優しい兄のおかげでした。

しかし父と兄は藤岡てんの結納を早めたことで大喧嘩に。

兄は薬品倉庫の火災で藤岡屋が危なくなり、銀行から融資してもらうために藤岡てんの結納を早めたことに気づいていました。

そこへ武井風太が慌ててやってきて、取引先の人たちが押しかけて来ていると、、、

取引先は藤岡屋の薬品倉庫が火災で全焼し倉庫会社が夜逃げしたことや保険がおりないことを知っていました。

それで手形がただの紙切れになってしまうのではと押しかけて来ていたのです。

父親は取引先に支払えるお金がありません。

そこで父親は兄にお店を任せ親戚にお金を借りにいきます。

しかし無理がたたり病弱な兄は倒れてしまいます。

倒れた兄の病状は思わしく、しかも兄に効果がある薬が日本にはありません。

兄の病気が悪化したことで、藤岡屋には笑いが消えてしまいました。


それではNHKわろてんか2週11話のあらすじネタバレに入ります。

わろてんかあらすじネタバレ2週11話,高橋一生は夫にはならない?


伊能栞の父親が「結納の話はなかったことにしてほしい」と藤岡屋に訪れ藤岡儀兵衛に伝えます。

伊能栞の父親は藤岡屋の火災や手形騒ぎで藤岡てんの兄が倒れたことを人づてに聞いたそう。

そして伊能製薬をダシに使われそうになっていることに勘付いたようです。

それで結婚は破談になってしまいました。

藤岡てんの母親で藤岡しずと父親の藤岡儀兵衛が兄の新一のことを2人で話しています。

藤岡しずは医者に「今のうちに家族のみんなとゆっくり過ごさせてください」と言われたと藤岡儀兵衛に伝えます。

新一の余命は医者にも一週間か一ヶ月か分からないそう。

藤岡儀兵衛は新一が店を継ごうと必死になってくれていたのに、薬屋が息子の病気を治せない、、、と落胆。

そこで新一の病気が良くなるようにと母親の藤岡しずはお百度参りをすることに。

すると藤岡てんも一緒にさせてくれとお百度参りを始めます。

母親は藤岡てんに「新一はああ見えてしぶとい子で気張ってくれる」と伝えます。

翌日、藤岡てんは兄がいる離れに顔をだします。

兄は父親のことをとても気にかけていて、「店を大きくして父親を笑わせてあげたかった」と。

そして藤岡てんに「これからはお前がお父さんを笑わせてくれ」と頼みます。

兄曰く、笑うことは人間だけの特権だと。

人間はお金や地位競い合い、そして戦争もするアホな生き物。

人生は思い通りにならず、辛いことだらけだと。

だからこそ笑いが必要になったんだと新一は考えています。

辛い時こそ笑うんだ、みんなで笑うんだと、、、

そして最後に「頼んだで」と藤岡てんと指切りをします。



スポンサーリンク







わろてんかあらすじネタバレ2週11話後編,藤岡しずの夫が自殺未遂?


藤岡てんが兄との話を終え台所に向かうと、父親がいなくなったと大騒ぎになっています。

なんでも父親は番頭に「従業員に暇をだすように。藤岡屋はワシのせいでこの代で終わる、みんなは元気で末永く暮らせ」と言い残しいなくなったとのこと。

家の中はすでに探してみたのですが見つかりません。

武井風太がまさかヘンな気を起こして、、と言い出し、不安になった家族や従業員たちは蔵を見に行きます。

すると父親が縄で自殺しようとしているところを発見し、慌てて止め家族それぞれが父親に声をかけます。

祖母は「藤岡屋の伝統なんて構わない」と。

母は「無口で堅物の人だけど、その仏頂面を眺めていると私は心の底から安心する」と。

藤岡てんは「ウチはお父さんの雷が怖くてたまらないけど叱ってくれて本当は感謝してる」と。

妹は「お父さんが大好き」だと。

父親が自殺しないように皆で押さえていたことが裏目にでて、父親は乗っていた台から落ち、家族や従業員の全員が倒れ込んでしまいます。








倒れ込んだ父親は「お前ら何言ってるのだ、危ないじゃないか」と。

じつは父親は自殺するつもりは全くなく、藤岡てんの結納品を蔵で片づけていたのだそう。

すると家族や従業員はキョトンとしたあと大笑い。

父親も大笑いです。

そして父親は「笑いは人を幸せにする薬なんだ」と呟きます。

仏頂面の父が笑っている声を離れから聞いた兄は涙ぐみ、そして嬉しそうに微笑みます。

父親は藤岡てんや兄の気持ち、そしてみんなの気持ちに笑い泣きました。

NHK朝ドラわろてんか2週11話はここで終わりです。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週11話の感想,高橋一生が夫にならずシズの夫は自殺未遂?


NHK朝ドラわろてんか2週11話では、伊能栞の父親に藤岡屋の危機がバレ、伊能栞(高橋一生)と藤岡てんの結婚が破談となってしまいましたね。

伊能栞は藤岡てんの夫にはならないことが分かりました。

もともと伊能栞も藤岡てんも縁談には興味がありませんでしたので、2人にとっては良かったのかもしれません。

ただ藤岡屋は伊能栞と藤岡てんの結婚が破談になったことで、父親が自殺するのではないかと大騒ぎになってしまいましたね。

伊能栞と藤岡てんの結婚には藤岡屋の将来がかかっていたのですから、破談になったことで当主の父親が自殺するかもしれないと思っても不思議ではありませんね。

しかし本人は自殺する気は全くなく、ただ結納の品を片づけていただけとは、、、

大笑いしてしまうのも分かりますよね。

しかし父親はみんなに愛され、大切にされていることが身にしみたことでしょう。

ところでその藤岡屋が舞台になるのは3週目までだそうですよ。

以降は舞台が京都から大阪となるようです。


それでは明日のNHK朝ドラわろてんか2週12話を楽しみに待ちたいと思います。




スポンサーリンク







コメント(0) 

わろてんかあらすじネタバレ2週10話&感想,兄の千葉雄大が喘息で病死はいつ? [ドラマ]

このページは新しいサイトへ移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。







NHK朝ドラわろてんかあらすじネタバレと感想をまとめてみました。

NHK朝ドラわろてんか2週10話は北村藤吉(松坂桃李)に会いに行き、見合い相手の伊能栞(高橋一生)に迷惑をかけたことで父親が大激怒します。

そして藤岡てんを蔵に閉じ込めてしまいます。

蔵に閉じ込められた藤岡てんを救ってくれたのは兄の藤岡新一(千葉雄大)でした。

そんな優しい兄がなんと藤岡屋のトラブルに巻き込まれ心労で倒れてしまいます。

どうやら兄の藤岡新一は(千葉新一)2週目で病死してしまうようです。

兄の藤岡新一(千葉雄大)が病死するのはいつなのでしょうか?


まずはNHKわろてんかあらすじネタバレ2週10話を紹介します。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週10話のまえに9話おさらい


わろてんか2週9話では藤岡屋が銀行からの融資を受けるため、藤岡てんと伊能栞の結納の準備がすすみます。

結婚相手として伊能栞は申し分ないものの、藤岡てんは北村藤吉のことが気になり、手紙に書いてあった大阪の寄席に会いに行きます。

しかし藤岡てんが向かった場所は危険な地域でした。

藤岡てんは北村藤吉の手紙に書いてあった寄席に着き、北村藤吉のことを聞くのですがそんな人は知らないとの返事が、、、

そこで藤岡てんは近くにある寄席に北村藤吉がいないか探し歩きます。

暫く探していると見知らぬ男4人が近づいてきて、藤岡てんに北村藤吉を知っていると言います。

男たちは北村藤吉のところまで道案内をすると。

しかし実際は北村藤吉のことを全く知りません。

藤岡てんは男たちに路地裏に連れて行かれ、そこで騙されていたことに気づきます。

危険な状態だったところに突然藤岡てんを助けてくれる人が現れます。

それはなんと見合い相手の伊能栞でした。


それではNHK朝ドラわろてんか2週10話のあらすじネタバレに入ります。


わろてんかあらすじネタバレ2週10話,伊能栞(高橋一生)も縁談に興味なし?


藤岡てんが伊能栞に助けてもらったお礼を言っていると、武井風太が藤岡てんを見つけ近づいてきます。

藤岡てんは伊能栞に「藤岡屋のてんと申します。」と自己紹介。

そして藤岡てんと武井風太は伊能栞のオフィスに行くことに。

伊能栞はオフィスで見合い写真を見て藤岡てんであることを確認します。

伊能栞は仕事が忙しく、縁談には興味がもてず写真を確認していなかったとのこと。

そんな忙しいなか寄席に行っていた理由は、薬品の貿易会社をやっている一方で活動写真にオペラ、文化や芸能など全般に興味があり、将来仕事にできるような基盤を作りたいからとのこと。

そのためにはまず日本の大衆演芸から学び直す必要があると考えています。

伊能栞が一通り寄席に行っていた理由を話し終えると、藤岡てんに「なぜその芸人を探しているのか?」と質問します。

すると藤岡てんは縁談のことで迷ってしまったからだと伝えます。

藤岡てんは自分の気持ちにけじめをつけたかったとのこと。

さらに伊能栞は「その芸人が想い人か?」と質問。

藤岡てんは慌てて想い人ではないと否定。

ただ出会った頃の1人芝居や笑顔を思い出すと今でも楽しくなって元気づけられると付け加え、思い出し笑いします。







その姿を見た伊能栞は興味深いと藤岡てんに伝えます。

そしてもう遅いから明日の朝一番の汽車で帰るようにと宿の手配をしてくれました。

翌日、藤岡屋に戻ると鬼のような形相で玄関に父親が現れます。

そして藤岡てんを蔵に連れて行き、北村藤吉の手紙を藤岡てんの目の前で全部燃やしてしまいます。

父親は「くだらない手紙にうつつを抜かして、伊能さんにまでご迷惑をかけて、そこで反省しろ」とたいそうな剣幕で藤岡てんを蔵に閉じ込めてしまいます。


蔵の中に閉じ込められた藤岡てんを外から呼ぶ声が聞こえてきます。

蔵の外から藤岡てんを呼んでいたのは武井風太でした。

武井風太は蔵の外から二階の窓までハシゴで上がり、藤岡てんを呼んでいたのでした。

藤岡てんは武井風太に気づき二階の窓に近づき会話を始めます。

武井風太は泥棒芸人は認めないが伊能栞は認めると。

そんな武井風太に藤岡てんは北村藤吉は影法師で夢の中の人だったと。

もうおとぎ話に憧れている歳ではないと伝えます。

2人の会話をこっそり聞いていた兄が藤岡てんを蔵から連れ出し、父親に許してもらえるようにと父親の元へ連れて行きます。



スポンサーリンク








わろてんかあらすじネタバレ2週10話後半,兄(千葉雄大)がついに喘息で倒れ病死する?


藤岡てんは兄と一緒に父親のいる部屋へと向かいます。

そして兄が父親に火災のことを詳しく聞いたと話し始めます。

火災で仕入れた薬が全部灰になって藤岡屋が危ないことも知ったと伝えます。

兄は続けて「そんなに僕は頼りないか、何で僕に話してくれなかったのか?」と父親を問い詰めます。

しかし父親は答えようとはせず、部屋を出て行こうとします。

すると兄は父親の後を追いながら、「てんに結納を急がせるのはそのためか?」と問いただします。

さらに続けて「伊能製薬に援助してほしいからか?金のためか?」と問い詰めます。

兄が興奮し「こんなのお父さんらしくない」と叫ぶと父親は涙をこらえながら兄の頬を叩きます。

兄がぽつり「情けない」とつぶやくと、父親が「みんなワシが1人で決めたことだ、お前には関係ない」と言い残し、部屋を出ていこうとします。

そこへ慌てた武井風太が近づいてきて、取引先の人達が店に押しかけてきていると。

それは父親の藤岡儀兵衛が最も恐れていたこと。

藤岡儀兵衛が取引先の人たちの前に行くと、取引先の人たちが薬品倉庫は火災で全焼、倉庫会社は夜逃げ、保険もおりずに手形がただの紙切れにならないか?と詰め寄ります。

藤岡儀兵衛は取引先を落ち着かせるため大丈夫だと言ったものの、組合の金庫からもお金を貸してもらえず、藤岡儀兵衛は親戚からお金を貸してもらうしかありません。

しかし、藤岡儀兵衛がいなくなると店が心配だと従業員が言い出します。

そこに兄が間髪入れず「店は僕に任せてください、お父さんは金策に行ってください。」と伝えます。

藤岡儀兵衛は兄の体調を心配しながらも兄に店を任せ金策へ行くことに。


騒ぎは三日三晩続き、その心労からついに兄が倒れてしまいます。

兄が往診してもらっているところへ父親が戻ってきます。

医師は兄の病状を家族に伝え、何でこんなに無理させたのかと。

ここまできたら、ちょっと、、、と医師は言葉を詰まらせます。

母親が何か薬はないのか?と医師に聞くとドイツでは特効薬を開発しているが、日本にはまだないとのこと。

そのことを父親はよく知っていました。

この当時、子供が6人7人といてもその多くが亡くなってしまうことも珍しくなかったのだとか。


医師が帰ると縁側で父親が兄のことを母親に謝っています。

しかし母親は兄は藤岡屋のためにずっと無理をして勉強していた。

それが原因ではないかと医師が言っていたと慰めます。

そして父親が洋薬に全てをかけたのは兄のためであったことを母親は悟っていました。

父親は兄が自分と同じように苦しんでいる人達を救いたいという夢を叶えてあげたかったと話します。

この時、家の中から笑顔が消えてしまいました。

ここでNHK朝ドラわろてんか2週10話は終わりです。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週10話の感想,兄の新一(千葉雄大)が病死するのはいつ?


NHK朝ドラわろてんか2週10話では大阪に会いに行ったはずの北村藤吉には会えず、意外にも伊能栞と偶然会ってしまいましたね。

あり得ないような話ではありますが、これはドラマですので、、、

せっかく自分の気持ちを整理しようと大阪まで会いに行ったのに会えなかったのは本当に残念ですよね。

藤岡てんはまさか北村藤吉がウソをついているとは思っていないでしょう。

しかし北村藤吉に会えなかったからこそ、北村藤吉を夢の中の人だと思えたのかもしれませんね。

兄(千葉雄大)が味方になってくれていましたが、北村藤吉は忘れることにしたよです。

兄(千葉雄大)と言えば、兄は大変なことになってしまいましたね。

兄の新一(千葉雄大)は藤岡屋のトラブルに巻き込まれ、心労で倒れてしまいました。

兄(千葉雄大)は子供の頃から喘息の持病がありました。

心労で倒れた時の病状は思わしくなく、兄(千葉雄大)に効果がある薬も日本では手に入りません。

今後、兄(千葉雄大)の病気がどうなるのか気になり調べてみました。

どうやら兄(千葉雄大)は死亡してしまうようです。

兄(千葉雄大)の死因の詳細は分かっていませんが、兄は喘息をこじらせ倒れていますので、恐らく喘息が原因となって病死するのではないかと推測しています。

そして非常に気になるのが、兄(千葉雄大)がいつ病死してしまうのか?です。

どうやら兄(千葉雄大)は2週12話で病死してしまうようです。

朝ドラわろてんかで兄(千葉雄大)を見れるのは、あとわずかのようです。

残念ですね。



それでは、明日のNHK朝ドラわろてんか2週11話を楽しみに待ちたいと思います。




スポンサーリンク
















コメント(0) 

わろてんかあらすじネタバレ2週9話,見合い相手の高橋一生と偶然の出会い? [ドラマ]

このページは新しいサイトへ移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。





NHK朝ドラわろてんかあらすじ2週9話と感想をまとめてみました。

わろてんか2週9話では、見合い相手である伊能栞(高橋一生)と藤岡てんの婚約を父親が急かせます。

父親が伊能栞との結婚を急かせたのには理由がありました。

それはどんな理由だったのでしょうか?

父親が結婚を急かせたことで、藤岡てんは大阪に居るはずの北村藤吉に会いにいきます。

しかし北村藤吉(松坂桃李)には会えません。

ですがなんと偶然に伊能栞(高橋一生)に出会うことになります。


それではNHK朝ドラわろてんかあらすじネタバレを紹介します。




スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週9話のまえに8話おさらい


藤岡てんは父親の仕事の都合で伊能製薬の息子と見合いすることになります。

藤岡てんが見合いするのは伊能製薬の次男で伊能栞(高橋一生)

大学は兄(千葉雄大)と同じ大学を卒業し、大学卒業後は貿易会社を任されているとのこと。

女中のトキ曰く、伊能栞は顔よし、家よし、頭よし、とのこと。

しかし武井風太と祖母は猛反対。

祖母の反対理由は伊能栞(高橋一生)が西洋かぶれしているからのよう。

藤岡てんもお見合いには乗る気ではありません。

一方、北村藤吉は次の巡業でくすり祭りに行くことをキースから聞きます。

北村藤吉は「くすり祭り」に行くと聞いて顔がひきつります。

(藤岡てんと北村藤吉が出会ったのはくすり祭りでした。)

その理由は藤岡てんにウソの手紙を書いていたからです。

北村藤吉はキースに藤岡てんへ宛てた手紙を見せ、今も旅芸人をしていられるのは藤岡てんのおかげだと言います。

その話を聞いた旅芸人の娘リリコは藤岡てんに嫉妬し、北村藤吉がいない間に藤岡てん宛ての手紙を燃やしてしまいます。


その後、藤岡屋に大事件が起きていたことが発覚します。


それではNHK朝ドラわろてんかあらすじネタバレ2週9話に入ります。

わろてんかあらすじネタバレ2週9話,藤岡屋の薬品倉庫が火災で全焼し高橋一生との結婚が早まる?


藤岡屋に大変な事件が発覚します。

なんと神戸港近くにある藤岡屋の薬品倉庫が火災で全焼し、ドイツから仕入れた大量の薬が台無しになってしまいました。

そこで資金繰りを何とかしようと藤岡てんの父親で藤岡儀兵衛は銀行に融資を頼みに行きます。

しかし銀行はあまりにも大きな損害のため融資を断ります。

ただ伊能製薬の後ろ盾があれば融資できると伝えます。

藤岡儀兵衛にはもう選択の余地がありません。

そこで藤岡儀兵衛は自宅に戻り、家族全員の前で藤岡てんと伊能栞の結納を次の大安の日にすると強引に決め部屋を出ていきます。

残された藤岡てんは祖母に父親に何とか言ってくれと頼みます。

(祖母は伊能栞との結婚に反対派でした。)

しかし祖母は藤岡儀兵衛が結納を急ぎたい理由に察しがついていたので、結納を整えると伝えます。

藤岡てんはこのまま結納するしかないのか、、、と憂鬱です。

妹が伊能栞が気に入らないのか?と聞くと、藤岡てんは結婚相手には申し分ないが自分の気持ちが整理できていないと。

北村藤吉(松坂桃李)のことがやはり気になるのです。

そこで自分の気持ちを整理するため北村藤吉に会いに行くことにします。

北村藤吉は手紙で大阪にいると伝えていました。

そこで母親には友達の誕生パーティーに行くとウソを言い、北村藤吉に会いに行くことを内緒にして武井風太に大阪への行き方を聞きます。

藤岡てんの行動に不審を感じた武井風太は女中のトキに藤岡てんがどこに行ったのか?と問い詰めます。

トキは藤岡てんの向かった場所がとても危険な場所だと知り、藤岡てんの行き先を武井風太に正直に話すことに。

場所を聞いた武井風太は藤岡てんを追いかけ大阪へ向かいます。



スポンサーリンク







わろてんかあらすじネタバレ2週9話後編,松坂桃李の手紙の嘘がバレる?


藤岡てんは北村藤吉がいると聞いていた寄席にたどり着きました。

しかし北村藤吉はその寄席にはいません。

そこで他の寄席にいるのではないかと近くにある寄席を聞き歩きます。


藤岡てんが大阪で北村藤吉を探し歩いている頃、藤岡屋では藤岡てんが誕生パーティーに行っていないことがバレてしまいます。

藤岡屋の従業員が近くを探しても見つからないので、警察へ連絡しようとすると女中のトキが泣き出し土下座します。


藤岡屋の状況を何も知らない藤岡てんは、北村藤吉を探すことに疲れ道にしゃがみ込んでしまいました。

すると4人の男が藤岡てんに近づき、北村藤吉を知っていると言い北村藤吉のいる場所へ連れて行くと。

しかし本当は北村藤吉のことを知りません。

藤岡てんは騙され男たちに路地裏に連れて行かれます。

路地裏に着いたところで、藤岡てんは男たちに騙されたことを悟ります。

藤岡てんが男に殴られそうになった時、突然助けてくれる人が現れました。

それが藤岡てんの見合い相手である伊能栞(高橋一生)です。

藤岡てんは伊能栞(高橋一生)の顔をみて、見合い相手の人だと気づきます。








ここでNHK朝ドラわろてんか2週9話は終わります。




スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週9話の感想,藤岡屋のための結婚はやっぱり無理?


NHK朝ドラわろてんか2週9話では藤岡屋の薬品倉庫が火事で全焼し、銀行から融資を受けるために父親が藤岡てんの結婚を早めようとしていることが分かりました。

もともとは藤岡てんと伊能栞(高橋一生)との結婚を反対していた祖母まで賛成派となっていしまいましたね。

昔は恋愛結婚ではなく見合い結婚が普通の時代で、両親に逆らうことは許されませんでした。

しかし藤岡てんは藤岡屋のために結婚することを素直に受け入れることができません。

そこで藤岡てんは気持ちの整理をするために北村藤吉に会いに行ったのでしょう。

ですが北村藤吉は藤岡てんにウソの手紙を送っていました。

北村藤吉は藤岡てんに大阪の寄席にいると手紙で伝えていたのに、大阪の寄席にはいませんでした。

もしかしたら北村藤吉は藤岡てんに宛てた手紙に将来こうないりたいという自分の夢を書いていたのかもしれませんね。

きっと大阪の寄席で最後に出演する主役を任されたと書いたのも北村藤吉の将来の夢だったのでしょう(2週7話)。

ですがその手紙の嘘が藤岡てんをとても危険な目にあわせてしまいます。

バレないと思っていてもどこで嘘がバレるか分かりません。

そして今回のように自分だけではなく他人をも危険な目にあわす可能性があります。

嘘はつかないほうが身のためですね。


それではNHKわろてんか2週10話を楽しみに待ちたいと思います。




スポンサーリンク








コメント(0) 

わろてんかあらすじネタバレ2週8話&感想,結婚は高橋一生or松坂桃李? [ドラマ]

このページは新しいサイトへ移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。






NHK朝ドラわろてんかあらすじネタバレ2週8話と感想をまとめてみました。

NHK朝ドラわろてんか2週8話では、伊能製薬の息子で伊能栞(高橋一生)との見合い話が本格的になります。

藤岡てんは北村藤吉(松坂桃李)ではなく見合い相手の伊能栞(高橋一生)と結婚してしまうのでしょうか?

わろてんか2週8話では北村藤吉の手紙で武井風太と藤岡てんがケンカすることに。

仲直りのきっかけは優しい兄(千葉雄大)の話のおかげでした。


それではNHKあらすじネタバレ2週8話と感想を紹介します。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週8話のまえに7話のおさらい


わろてんか2週7話は明治43年(1910年)夏。

藤岡てんが17歳になっていました。

藤岡てんに相変わらず北村藤吉からの手紙が届いています。

北村藤吉から届いた手紙を学校の庭で読んでいると学友達が近づいてきて「恋文か?」と聞かれます。

北村てんは違うと言いながらも学友たちに聞かれた質問に答えてます。

すると北村てんの背後から学校長が近づき北村藤吉の手紙を取り上げます。

そのことで母親が学校に呼ばれ、母親に北村藤吉の手紙がくすり祭りの頃から届いてたいたことを白状することに。

母親は藤岡屋の娘として商家に嫁ぐ定めなのだから北村藤吉のことは忘れるようにと忠告。

そして父親の仕事の都合で伊能製薬会社の息子との縁談話が藤岡てんに舞い込んできます。


それではNHK朝ドラあらすじネタバレ2週8話に入ります。

わろてんかあらすじネタバレ2週8話,見合い相手の高橋一生と結婚するの?


藤岡てんの見合い相手である伊能製薬の息子の名前は伊能栞(高橋一生)。

伊能栞(高橋一生)は伊能製薬の次男で、藤岡てんの兄と同じ大学を卒業。

大学卒業後は貿易会社を任されているとのこと。

伊能栞(高橋一生)について聞いた女中のトキと藤岡てんの妹は、顔よし、家よし、頭よしと羨ましがります。

しかし藤岡てんは会ったこともない人が急にお婿さんだと言われても困ると。

そこへ母親が近づいてきて、それが縁談だと諭します。

そこに今度は武井風太が近づいてきて、男はみてくれではないと。

さらに祖母が加わり、伊能栞の写真を見て蝶ネクタイが気に入らないと。

祖母曰く、蝶ネクタイはじわじわと首を絞めつけられているようだとのこと。

そして「西洋かぶれの男にてんはやれない」と猛反対。

そんな話をしているところへ父親が藤岡てんの見合い写真を撮ると写真家を連れ部屋に入ってきます。

見合い写真は伊能製薬に藤岡てんの顔を教えるため。

藤岡てんは見合い写真用のドレスを着て写真を撮る羽目になります。

ようやく写真が撮り終わり、藤岡てんがドレスを着替えようとすると武井風太が近づき「旦那さんに手紙がバレなかっただけで万々歳。旅芸人のことはさっさと忘れろ、俺はもう伝書鳩はやらない」と伝えます。

さらに「次に来た手紙は捨てる。こんなことしてたら俺まで暇をとらされる。」と付け加えます。

武井風太は手紙を渡すのことをどこかで止めておくべきだったと後悔しています。

そしてうっかり北村藤吉の手紙をゴミ屑と言ってしまいました。

北村藤吉の手紙をゴミ屑呼ばわりされては藤岡てんも黙っていません。

藤岡てんは大切な宝物だと反論。

藤岡てんは父親に怒られたことも、学校で嫌なことがあったことも、北村藤吉の手紙を読んで笑い全部忘れられたと。

しかし武井風太は「そんなもの持っているからダメなんだ、みんな燃やしてやる」と藤岡てんから北村藤吉の手紙を奪い取ろうとします。

藤岡てんも渡すものかと武井風太に手紙を奪われないように懸命です。

そんな悶着の中、1通の手紙を2人で奪い合いになり、なんと手紙が2つに切れてしまいます。

藤岡てんはあまりのショックに武井風太に「あんたの顔なんかもう見たくない」と叫びます。

武井風太が去った後、そばにいた女中のトキや妹と手紙をのりでつなぎ合わせることに。

藤岡てんは手紙をつなぎ合わせていると涙がポロポロとでてきます。

しかしなぜ涙がでてくるのか分かりません。

そこで女中のトキが北村藤吉に恋しているのではないかと教えます。

トキのあとに続いて妹がきっとこれはロマンスだと。

トキは藤岡てんにトキと妹はずっと見方だと伝えます。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週8話後編,松坂桃李だけでなく武井風太も宝物?


翌日、藤岡てんが学校へ行く途中、兄が後から追いかけてきます。

そして兄は今論文を書いているところだと伝えます。

兄は藤岡屋が大きな転換期をむかえることを話し、伊能製薬との提携は確かにした方がいいが提携しなくてもやれる方法があると。

だから藤岡てんは好きに生きていいと。

そんな話を兄が始めたのは、じつは兄は北村藤吉から手紙が届いていたことをずっと前から知っていて、そのことで武井風太とケンカしてたことも承知でした。

兄は武井風太が北村藤吉からの手紙を父親にバレないようにするため必死だったこと、何年も父親の目を盗むのは大変だったであろうことを伝えます。

その話で藤岡てんは目が覚め、口を聞いていなかった武井風太と話すことに。

武井風太は1人川辺で石を投げています。

藤岡てんは武井風太に声をかけ、ウチに来た時のことを覚えているか?と聞きます。

武井風太は突然親戚の家で行儀見習するようにと家族に言われ、藤岡てんの家で世話になるようになったのだそう。

しかし武井風太は行儀見習いは口実で、家族が養う人を減らしたかったのだと考えています。

ですので藤岡てんの家に住み込みするようになった頃はひねくれていて、藤岡てんの父親によく怒られタンコブを作っていたのだそう。

そのタンコブを見て藤岡てんは大笑いし饅頭を半分にしたのだそう。

そして「タンコブはんぶんこ」と言って饅頭を半分くれたのだとか。


今度は武井風太が藤岡てんに「覚えているか?」と質問。

武井風太は涙をこらえながら、藤岡てんが「風太はウチの弟だ」と家中に言いまわってくれたと話します。(実際は藤岡てんより3つ年上です。)

武井風太の話が落ち着くと、藤岡てんは武井風太に手紙のことで怒ったことを謝ります。

そして「ウチにとっては風太も大切な宝物」だと伝えます。


その頃、北村藤吉は寄席の控室で藤岡てんに手紙を書いていました。

そこへキースが近づいてきて、次の巡業は秋の京都くすり祭りだと話します。

しかし北村藤吉は喜ぶどころか顔が引きつっています。

その理由は藤岡てんにウソの手紙を書いていたからです。

北村藤吉はキースに手紙を見せ、今も旅芸人として頑張れるのは藤岡てんが自分の芸に笑ってくれたからだと話します。

その話をそばで聞いていた旅芸人の娘リリコが藤岡てんに嫉妬し、ウソをついて控室から北村藤吉やキースを追い出します。

2人がいなくなると、リリコはなんと北村藤吉が書いた手紙を燃やしてしまいます。


手紙に火がついたころ、藤岡てんの実家でも屋台骨を揺るがすような大事件が発覚しました。

なんと神戸港近くにある藤岡屋の薬品倉庫が火事で全焼してしまったとのこと。


NHKわろてんか2週8話はここで終わりです。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週8話の感想,藤岡てんは高橋一生と結婚するの?


わろてんか2週8話では、ついにお見合いが本格的になってきましたね。

お見合い相手は高橋一生さん演じる伊能栞です。

伊能栞とのお見合いに祖母と武井風太は反対です。

祖母の反対理由は西洋かぶれであること。

ですが武井風太が反対するのは、藤岡てんに恋しているからではないでしょうか?

北村藤吉のことも気に入りませんでしたよね。

そして北村藤吉の手紙を破こうとしたのは、もちろん藤岡てんのためもあると思うのですが、どちらかと言えば武井風太の嫉妬からだったのではないでしょうか?

武井風太は藤岡てんに2人も男性が近づいてきて、気が気ではありませんね。

しかし、伊能栞(高橋一生)は父親が持ち込んできたお見合い相手です。

藤岡てんは北村藤吉(松坂桃李)を諦め、伊能栞(高橋一生)と結婚してしまうのでしょうか?

藤岡てんが伊能栞(高橋一生)とこのまま結婚してしまうのか?と気になり調べてみました。

どうやら伊能栞(高橋一生)とは結婚せず北村藤吉(松坂桃李)と結婚するようです。

しかし、わろてんかのモデルとなった吉本せいさんの夫は早くに亡くなっています。

もしかしたら、NHK朝ドラわろてんかの北村藤吉(松坂桃李)も早くに亡くなり伊能栞(高橋一生)と再婚するような展開になるかもしれません。


今後もNHK朝ドラわろてんかから目が離せなそうです。



スポンサーリンク












コメント(0) 

わろてんかあらすじネタバレ2週7話&感想,ヒロイン役が葵わかなに変更で松坂桃李との再会はいつ? [ドラマ]

このページは新しいサイトへ移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。






NHK朝ドラわろてんか2週7話のあらすじネタバレと感想をまとめてみました。

わろてんか2週目のあらすじは兄(千葉雄大)の病死説や高橋一生が見合い相手として登場、そして藤岡てんの父が自殺未遂を起こしてしまうようです。

兄(千葉雄大)は喘息の持病があるようですので、喘息が原因で病死してしまうのでしょうか?

また高橋一生さん演じる伊能栞が今後どのようにして藤岡てんに関わっていくのかも楽しみですね。

こちらではNHK朝ドラわろてんか2週目のあらすじをざっくり簡単に紹介し、その後わろてんか2週7話のあらすじネタバレを紹介します。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週7話のまえに6話おさらい


NHK朝ドラ1週6話は北村藤吉が舞台で失敗したことを励ますため藤岡てんはチョコレートを持って北村藤吉のところへ向かいます。

そして北村藤吉と屋根の上で話し、北村藤吉が失敗したのは初舞台であったこと、北村藤吉の家庭に笑いが全くなかったことなどを話し始めます。


北村藤吉が旅芸人になったのは北村藤吉の育った家庭が影響していて、日本中の人を明るくぬくぬくにしたいからでした。

北村藤吉は初舞台で失敗したことから旅芸人としてやっていく自信をなくしていましたが、藤岡てんが北村藤吉の1人芝居に笑ってくれたことで勇気が湧き旅芸人を続けることに。

そして藤岡てんに旅先から手紙を出すことを約束し、チョコレートのお礼として鈴をプレゼントします。


わろてんか2週7話からは藤岡てん役が葵わかなさん、武井風太役は濱田岳さんです。


わろてんか2週目のあらすじネタバレをざっくり簡単に,藤岡てんの兄(千葉雄大)が死去&高橋一生は見合い相手役&父が自殺未遂?




NHK朝ドラわろてんか2週目のあらすじをざっくりと簡単に紹介します。



17歳になったてん(葵わかな)は家族に内緒で藤吉(松坂桃李)から届く手紙を楽しみにしていた。そんなある日、てんに縁談話が持ち上がる。てんは気持ちの整理をつけるため藤吉に会おうと大阪へ向かうが、悪い男たちに絡まれてしまう。だが偶然にも縁談の相手・伊能(高橋一生)に助けられ難を逃れた。無事京都に戻ったてんだったが、藤岡屋の倉庫が火事で全焼、店は倒産の噂が流れ債権者が押しかけて大騒ぎになる。その対応に追われ忙しくなる中、頑張っていた兄の新一(千葉雄大)が病に倒れる。

引用:NHKわろてんか



わろてんか2週目からはキャスト紹介も終わり藤岡てんの波乱万丈なドラマが始まりそうです。


それではNHK朝ドラわろてんかあらすじネタバレ2週7話に入ります。

わろてんかあらすじネタバレ2週7話,兄は大学休学中で研究所通い!


明治43年(1910年)夏

藤岡てんは17歳。

年頃になった藤岡てんは食事の支度を手伝うようになりました。

朝食で藤岡てんが焼いた魚を食べた祖母が上手に焼けていると褒め、今すぐお嫁にだしても恥ずかしくないと。

藤岡てんはまだ学生でお嫁に行くのはまだまだだと反論。

ですが祖母には藤岡てんの反論は通用しません。

祖母は早く婚約者を決めなければいけないと、、、


藤岡てんの兄は自分の結婚話になりそうなことに怯えさっさと食事をすまし研究所へ出かける準備を始めます。


藤岡てんの兄は現在も療養中で帝国大学薬学科を休学し、体調を見ながら知り合いの研究所に通っています。

するとそこに武井風太が北村藤吉の手紙を持って藤岡てんの前に現れます。

しかしなかなか手紙を渡してくれそうにありません。

その手紙を上手に取り上げてくれたのは藤岡てんの付き女中トキでした。

藤岡てんがトキにお礼を言い、トキと武井風太がいつもケンカばかりなので仲良くするようにと付け加えます。

すると武井風太が「お断りだ、こんなピーチクパーチク」と。

それに対してトキが「誰がピーチクパーチクだ」と反論し2人のケンカが始まります。




スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週7話後編,北村藤吉の手紙がバレたあと高橋一生との縁談話が!


藤岡てんが学校の庭で北村藤吉の手紙を読んでいます。

手紙の内容は「北村藤吉が大阪の寄席の最後に出演する主役を任されたこと、日本一の芸人になったら藤岡てんに会いに行く」と綴られていました。

嬉しそうに藤岡てんが手紙を読んでいると学友3人が近づいてきて、藤岡てんの手紙に興味を示します。

学友たちが恋文ではないかと藤岡てんに聞きます。

すると藤岡てんは違うと言いながらも学友たちの質問に答えます。

学友たちは手紙相手はどんな職業か?と。

藤岡てんは「芸人さん」と答えます。

すると学友の1人が「芸人はその日暮らしの旅ガラスで、落ちこぼれや半端者がなるものだと父から聞いた」と学友たちに話します。

しかし藤岡てんは「違う、この人は皆を笑顔にして幸せにしたと思っている立派な人」と反論。

そこへ藤岡てんの背後から学校長が近づいてきて手紙を取り上げます。

そして藤岡てんの母親が呼び出されることに。

学校長からは芸人から恋文などはしたない、本来なら退学だと言われてしまいます。

しかし母が娘を言い聞かせると言い、退学は免れました。

学校からの帰り道、藤岡てんは母親に芸人からの手紙がいつからかと聞かれ、笑い禁止令が出ていた頃と正直に話します。

手紙が届くのは年に1、2度でくすり祭り以来会っていないと伝え母親を安心させようとします。


そんな娘を見て母親は「あんたは藤岡屋の娘としていづれはどこかの商家に嫁ぐ身。それが生まれ持った定め。父親には絶対話さないから忘れなさい。」と藤岡てんを諭します。


その頃、藤岡てんの父親は伊能製薬という大阪の先進的な薬品会社の社長を訪ねていました。

藤岡てんの父親は藤岡屋を守るため伊能製薬との提携を考えます。

そこで伊能製薬から家との繋がりを求められ、伊能製薬の息子と藤岡てんの縁談話が持ち上がります。

しかしこの縁談話が藤岡屋を揺るがす大事件へとなるようです。


ここでNHK朝ドラわろてんか2週7話は終わりです。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週7話の感想,松坂桃李との再会はいつ?


NHK朝ドラわろてんか2週7話では藤岡てん役が葵わかなさんになりましたね。

葵わかなさんの笑顔もとっても可愛いですね。

わろてんか2週7話では藤岡てん役は年齢が17歳の設定です。

17歳で縁談話とはやはり昔は結婚が早いですね。

しかも昔はお見合いが普通でした。

そして芸人の扱いもずいぶんと酷いものですよね。

今の時代はお見合いは珍しく芸人は人気者です。

今の時代なら北村藤吉と藤岡てんの恋愛もスムーズだったかもしれませんね。

しかし恋愛に障害が多かったからこそ、藤岡てんと北村藤吉の恋愛は燃え上がったのかもしれませんね。

わろてんか2週7話では北村藤吉が日本一になったら藤岡てんに会いに行くと約束しています。

藤岡てんと北村藤吉はいつ再開するのでしょうか?

再会が何話なのか気になり調べてみました。

北村藤吉と藤岡てんの再会はどうやら、わろてんか3週目13話のようです。



それでは明日のわろてんか2週8話を楽しみに待ちたいと思います。



スポンサーリンク












コメント(0) 

わろてんかあらすじネタバレ1週6話&感想,高橋一生が2週目から登場で笑いの色は兄の茶が正解! [ドラマ]

このページは新しいサイトへ移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。






NHK朝ドラわろてんか1週6話あらすじネタバレと感想についてまとめてみました。

NHK朝ドラわろてんか1週6話では笑いの色が何色かが分かります。

正解は兄(千葉雄大)が考えた色でした。

藤岡てん役の新井美羽さんと武井風太役の鈴木福さんは、わろてんか1週6話までです。

そしてNHK朝ドラわろてんか2週目からは高橋一生さんが出演します。

それではNHKわろてんかあらすじネタバレ1週6話を紹介します。




スポンサーリンク







わろてんかあらすじネタバレ1週6話のまえに5話のおさらい


NHK朝ドラわろてんか1週5話では藤岡てんが自分のせいで父親が化け猫になってしまったと責任を感じてしまいました。

そして二度と笑わないことを決意。

しかしそんな娘の異変に母親の藤岡しずが気づき、藤岡てんに「気にしなくてていい」と助言。

しかしどうにか父を助けたく、藤岡てんはホームパーティーで怒って帰ってしまったドイツの薬会社社長に謝罪しに行きます。

自宅に戻ると父親にも自分のせいで化け猫になり酒を盗み飲みするようになってしまったと謝罪。

そんな娘の姿を見て父親の藤岡儀兵衛は台所に行き、従業員や家族の目の前で酒を全部捨て化け猫が退治できたと伝えます。

化け猫が退治できたのは藤岡てんのおかげだと、なんと笑い禁止令を父親が解いてくれました。

笑い禁止令が解けたことで藤岡てんはくすり祭りの最終日に寄席に行き、北村藤吉が芸人として活躍しているところを見に行きます。

北村藤吉は大阪で有名な芸人で日本一の芸人だと言っていました。

どれだけ面白いのだろうと期待していたのですが、北村藤吉は出番を間違え場違いなところで出てきたため観客からヤジをとばされてしまいます。



それではNHK朝ドラわろてんかあらすじネタバレ1週6話に入ります。


わろてんかあらすじネタバレ1週6話,笑いの色は兄(千葉雄大)の茶が正解!


北村藤吉が出番を間違え舞台に上がってヤジを飛ばされているところへキース割り込み北村藤吉を舞台裏へと連れ戻します。

ヤジを飛ばされていた北村藤吉が心配で藤岡てんは慌てて楽屋へ。

北村藤吉が見当たらず、困っているとキースが近づいてきます。

それでキースに北村藤吉の居場所を聞こうとすると旅芸人の娘のリリコが割って入り、藤岡てんに北村藤吉がいる反対の場所を指しウソと教えます。

しかしキースが間髪入れずに否定し北村藤吉のいる場所へ連れて行ってくれます。

藤岡てんとキースが北村藤吉のところへ行くと、北村藤吉は泣いていました。

北村藤吉は藤岡てんが来たことが分かり、涙をふきながら「残念だったな。今終わったとこや、見せたかったわ俺の芝居。みんな大笑いだった。」と。

しかしキースが藤岡てんが全部見ていたこと伝えます。

キースは落ち込んでいる北村藤吉を「アレで励ましてくれ」と藤岡てんにお願いします。

しかし藤岡てんはアレが何を指しているのか分かりません。

そんな話を2人でしていてると、北村藤吉が「今日は帰ってくれ」と、、、

藤岡てんは寄席の帰り道に北村藤吉を励ましたくアレが何だったのか一生懸命考えます。

そしてキースが言っていたアレがチョコレートだと気づき、自宅へ戻りチョコレートを持ち再度北村藤吉のいる寄席へ。

藤岡てんが寄席に行くと、舞台が終わった後の檀上の掃除をしに北村藤吉が出てきます。

2人は屋根の上に座り、藤岡てんがチョコレートを北村藤吉にプレゼントとすると北村藤吉は美味しそうに食べます。

北村藤吉はチョコレートを食べながら、失敗してヤジを飛ばされいたのが初舞台だったと藤岡てんに告白します。

そして「笑いの色」の話題に。



スポンサーリンク






わろてんかあらずしネタバレ1週6話後半,兄との仲を羨む北村藤吉の家庭は笑いがなく芸人の世界へ。



北村藤吉が笑いの色が何色かと藤岡てんに聞くと藤岡てんが茶色と答えます。

どうやら笑いの色は茶色が正解だったよう。

藤岡てんが兄から教えてもらったと言うと、北村藤吉は「家族仲がいいのか?」と。

北村藤吉は笑顔が1つもない家庭で育ち、真夏でも家の中が「冷え冷え」とのこと。

そんな家庭環境が影響し笑うと心があったかくなることから笑いの世界へ飛び込んだそう。

北村藤吉の夢は、日本中を明るくぬくぬくにするとこと。

北村藤吉はたった1人でもいいから笑ってくれたら、その笑いが広がってみんなが幸せになれると考えています。

北村藤吉はおどけて藤岡てんに1人芝居を見せます。

すると藤岡てんは北村藤吉の口の周りがチョコレートで泥棒のヒゲみたいになっていたことが面白くて大笑い。

北村藤吉は藤岡てんに自分の芸で笑ってくれた第1号のお客さんだと話し、「その笑顔でずっとわろてんか」と伝えます。

北村藤吉は藤岡てんのおかげで勇気が湧きこれからも旅芸人を続けることに。

そして旅先の様子を手紙で藤岡てんに伝える約束をかわし、チョコレートのお礼にと鈴をプレゼント。

北村藤吉は約束通り旅先から藤岡てんに手紙をだします。

武井風太は北村藤吉の存在が気に入らないものの藤岡てんの喜ぶ姿を見て、藤岡てんの父親にバレないようにそっと手紙を渡してあげます。

藤岡てんは北村藤吉の旅先からの手紙を受け取りながら笑顔が眩しい年頃の娘へと成長していきます。


ここでNHK朝ドラわろてんか1週6話は終わりです。




スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ1週6話の感想、,2週目で高橋一生が登場!


わろてんか1週6話では北村藤吉の家庭環境や、北村藤吉が旅芸人になった理由が分かりました。

北村藤吉が旅芸人になりたかったのは日本中の人を笑わせて1人でも多くの人を幸せにしたかったのですね。

そして北村藤吉の芸を一番最初に笑ってくれたのが藤岡てんでした。

北村藤吉にとっては芸人を続ける限りずっと忘れられない人になるでしょう。


NHK朝ドラわろてんか2週目からは藤岡てん役が新井美羽さんから葵わかばさんに変わります。

そして武井風太役が鈴木福さんから濱田岳さんへ。

鈴木福さんが朝ドラわろてんかで毎日見れなくなってしまうのは、大ファンの私にとってはとても残念です。

そしてかわいい新井美羽さんの笑顔も「わろてんか」では見納めになってしまいそうです。









ですが残念なことばかりではなく、わろてんか2週目からは藤岡てんのお見合い相手として高橋一生さんが登場します。


わろてんか1週目では北村藤吉と藤岡てんの年齢差に違和感がありましたが、2週目からは藤岡てん役を演じるのが葵わかばさんとなるので年齢差に違和感がなくなりそうですね。

ちなみにですが北村藤吉と藤岡てんの年齢差は7歳です。


それではまた来週のNHK朝ドラわろてんか2週目7話を楽しみに待ちたいと思います。




スポンサーリンク










コメント(0) 

わろてんかあらすじネタバレ1週5話&感想,化け猫退治で笑い禁止が解けた! [ドラマ]

このページは新しいサイトへ移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。






NHK朝ドラわろてんかあらすじネタバレ1週5話についてまとめてみました。

NHK朝ドラわとてんか1週5話では笑い禁止令が解除されます。

そしてわろてんか1週4話にでてきた化け猫も退治されたようです。

笑い禁止令が解けたのも化け猫が退治されたのも全て藤岡てんの親心が関係しています。

それではNHKわろてんかあらすじネタバレ1週5話を紹介します。




スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ1週5話のまえに4話のおさらい


NHKわろてんか1週4話では北村藤吉が伝えようとした「笑いの色」が気になり母や兄に質問します。

母は何を根拠に言ったのかは不明ですが、笑いの色は赤だと。

そして兄は笑いの色は茶色ではないかと。

茶色の理由は「茶らける」「茶化す」「お茶目」など笑いに関係する字に「茶」が多いから。

わろてんか1週4話ではある事件が起きました。

それは藤岡屋のお酒が毎夜盗まれること。

酒泥棒の犯人として疑われたのは武井風太。

しかし武井風太はやっていないと否定。

そこへ藤岡てんの祖母がやってきて、酒泥棒の犯人は化け猫ではないかと。

従業員や武井風太にはこれ以上詮索すると祟られる可能性があるので詮索しないようにと注意します。

しかし武井風太は自分が犯人扱いされていることや化け猫が気になり、藤岡てんと夜中に隠れ化け猫が出てくるのを待ち、化け猫を捕まえようとします。

そしてついに化け猫が正体を現します。

化け猫の正体は、なんと藤岡てんの父である藤岡儀兵衛でした。

藤岡儀兵衛は器にお酒を注ぎ一気に飲み干します。


それではNHKわろてんか1週5話のあらすじネタバレに入ります。




スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ1週5話,藤岡てんが父親を助けるためにドイツ人に謝罪!


わろてんか1週4話で化け猫の正体が父親の藤岡儀兵衛だと知ってしまった藤岡てん。

藤岡てんは自分がホームパティーを台無しにしてしまったせいで父親が化け猫になってしまったと幼心に責任を感じています。

それで二度と笑わないことを決意。

藤岡てんの母親は朝から藤岡てんの様子がおかしかったことに気づいていました。

藤岡てんが出先から帰ってもやはり様子がおかしいので母親は藤岡てんのいる部屋で藤岡てんから話を聞くことに。

母親が「てん」と声をかけると藤岡てんは「ウチのせいや」と泣き出してしまいます。

藤岡てんは父親が化け猫になったのは自分のせいだと責任を感じていて、その責任の重さに耐えかね泣き出してしまいました。

藤岡てんは自分がパーティーをメチャクチャにしたせいでお酒を飲まない父親が飲むようになってしまったと母親に苦しい気持ちを伝えます。

すると母親はお父さんは藤岡てんの兄の新一のためにドイツの薬会社とどうしても取引がしたい。

しかし取引が思うようにいかず、父親はこっそりお酒を飲むようになったのではないかと藤岡てんに伝えます。

そんな話を聞いても藤岡てんは「やっぱり自分のせいだ」と気にしてしまいます。

しかし母親は「それは違う。商売には色々な駆け引きがあるのだからあんたが気にすることはない」と藤岡てんの心を少しでも軽くしてあげようと説明。

それでも藤岡てんの罪悪感はなくならず、ドイツの薬会社社長がまだ京都に滞在していたので社長のところへ謝りに行きます。

藤岡てんは社長を見つけ社長の前で武井風太と2人で土下座します。

しかし日本語の解らないドイツの薬会社社長には何を藤岡てんが話しているか分かりません。

わろてんかあらすじネタバレ1週5話後編,笑い禁止令が解ける!


自宅の離れで藤岡てんの兄が父親に薬学を学び跡を継ぐことを伝える場面へ。

兄は父親にドイツ新薬に手を広げようとしてる父の先見の目を信じていると告げます。

しかしこれからは薬をただ輸入するだけではなく日本で作る時代、兄はその先駆者になりたいとのこと。

持病はさっさと退治して父親が安心して楽隠居できるよう立派に成長すると父親に話します。

だからてんのことも、、、と兄が続けようとすると父親は「おおきに、おやすみ、無理せんようにな」と言ってその場を立ち去ります。

離れから戻る途中の廊下を歩いていると娘の藤岡てんが廊下にいます。

父親を見るなり藤岡てんはしゃがみ込み「すいません」と泣き出してしまいました。

泣き出したしてしまった藤岡てんの代わりに一緒にいた武井風太が説明します。

武井風太はドイツの薬会社の社長に会ってきたこと、そして父親が化け猫になったのは自分のせいだと藤岡てんが責任感を感じていることを話します。

それを聞いた父親は台所へ行き酒瓶の酒を捨て始めます。

父親は藤岡てんと武井風太に「酒瓶を全部持ってこい」と指示しお酒を全部捨ててしまいます。

そして父親は「これでもう二度と化け猫はでてこない」と従業員や家族の前で宣言。

さらに化け猫を退治してくれたのは藤岡てんだと伝えます。

てんは嬉しくなって父親に抱きつきます。

そしてなんと父親が藤岡てんに「笑ってよし」と笑い禁止令を解いてくれました。



くすり祭りの最終日、藤尾屋全員でお参りに行きます。

その帰り道、藤岡てんは北村藤吉を思い出し急きょ寄席を見に行くことに。

寄席を見に行くと今でいうコントのようなものをやっていました。

それを見て観客は大笑いしています。

そこに突然、いのしし役の北村藤吉が出現。

観客からは「下がれ」とのヤジが、、、

どうやら北村藤吉は猪(しし)と義士(ぎし)を聞き間違え、自分の出番だと思い込み飛び出してしまったようです。


その光景は藤岡てんか期待していたものとは全く違うものでした。


NHKわろてんか1週5話はここで終了です。




スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ1週5話の感想,藤岡てんの親心に感動!


わろてんか1週5話では藤岡てんの両親が藤岡てんをとても大切にしているのが分かりました。

藤岡てんは自分が笑い上戸のせいで父親が主催したホームパーティを台無しにし、そのことが原因で父親が化け猫になってしまったと苦しみます。

しかし娘の異変に母親はすぐに気づきました。

それは母親がしっかりと娘の様子を常に把握しているからではないでしょうか?

そして父親も自分がお酒を盗み飲みしていたことで娘がとても苦しんでいたことを知り、お酒を全部捨ててしまいます。

藤岡てんが両親にとても大切にされているのが分かりました。

わろてんか1週5話を見て私が興味をひかれたのは、藤岡てんが親の前で自分の苦しい気持ちを話して泣いていたことです。

私は親の前で自分の気持ちが苦しいと泣いたことがあったのかな?と考えてしまいました。

私自身で覚えているのは1人の時に泣いて、他の家族がいる時は感情を持たないようにしていた気がします。

今の時代は理由関係なく泣くと怒られれることが多いです。

わろてんかを見ていると藤岡てんのように幼い子供が毎日を楽しく過ごせるように大人が努力しています。


私も1人の大人として1人でも多くの子供達のが楽しく過ごせるように努力したいと感じました。



それではまた明日のNHK朝ドラわろてんか1週6話を楽しみに待ちたいと思います。



スポンサーリンク








コメント(0) 

わろてんかあらすじネタバレ1週4話&感想,藤岡屋に化け猫が? [ドラマ]

このページは新しいサイトへ移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。






NHKわろてんか1週4話のあらすじネタバレと感想をまとめてみました。

1週4話は藤岡てんの自宅でお酒が盗まれる騒ぎが起きます。

お酒を盗んでいた人はいったい誰だったのでしょうか?

お酒が減っているのは化け猫の仕業との噂までありましたよ。

本当に化け猫の仕業なのでしょうか?

それではNHK朝ドラわろてんか1週4話のあらすじネタバレと感想をお伝えします。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ1週4話のまえに3話のおさらい


NHK朝ドラわろてんか1週3話はくすり祭りの日で、藤岡てんの実家の老舗薬種問屋「藤岡屋」は総代のため朝からお祭りの準備で家中が大忙しでした。

お祭りの準備も落ち着いてきた頃、藤岡てんは武井風太に寄席に誘われます。

父から笑い禁止令がだされているため誘いを一度は断ったものの、兄も小さい頃に寄席を見に行き落語が好きだったと聞いて慌てて落語を見に行きます。

落語はすでに始まっていて、少しでも早く落語を見たかったので入場料を払わずに中に入ってしまいました。

ですが藤岡てんと武井風太が観客に紛れ込んでいるのがバレ、武井風太は藤岡てんをおんぶして少しでも遠くへ逃げようとします。

武井風太が藤岡てんをおんぶして逃げている後から2人組みの青年が近づいてきます。

じつは2人組みの青年も逃げていました。

そのうちの1人が藤岡てんの結婚相手となる北村藤吉。

ひょんなことから藤岡てんと北村藤吉は2人で建物に隠れることになります。

そこで北村藤吉は日本一の芸人だと藤岡てんに豪語。

藤岡てんは北村藤吉に父親から笑い禁止令がでていることを打ち明けます。

すると北村藤吉が藤岡てんに笑いの色を伝えようとします。

しかし武井風太が藤岡てんを探しに戻ってきて、お笑いの色が何色か聞くことがでないまま自宅へ戻ることに。


それではNHK朝ドラわろてんか1週4話のあらすじネタバレに入ります。




スポンサーリンク







わろてんかあらすじネタバレ1週4話,笑いの色は赤?


藤岡てんと武井風太は自宅に戻って汚れてしまった着物や髪を母と祖母に整えてもらいます。

その時に北村藤吉の話題になり、武井風太は北村藤吉を信用できない人だと。

しかし藤岡てんは北村藤吉はいい人で大阪で有名な芸人だと庇います。

そんな2人を見て母親が「風太がそんなに焼くほど素敵な人だったのか?」と茶化します。

すると2人はそろって「そんなんじゃない!」と、、、

ですが本当は藤岡てんは北村藤吉のことでドキドキしていました。

気分を変え、藤岡てんは母に笑いの色が何色か?と質問。

母親は暫く考えたあと赤だと答えます。

(なぜ赤だと考えたのかは不明)


場所が移り藤岡てんの母親が台所へ。

母親の藤岡しずが台所へ行くと従業員達が客用の高級な酒が夜な夜な減っていると噂しています。

従業員は藤岡てんの父、母、兄、祖母がお酒を飲むはずないと言い「何でもかんでも盗み食いするのは風太だ!」と、武井風太を犯人扱いします。

しかし武井風太は「盗み食いしたのは紅白まんじゅう」だと打ち明け酒泥棒は否定。

武井風太は自分の無実を証明するため、酒瓶に線を引き翌日に確認することを提案。

一方、藤岡てんは北村藤吉が伝えようとした「笑いの色」が気になり離れで静養中の兄のところへ笑いの色が何色か聞き行く。

兄も笑いの色が分からず、藤岡てんと2人で暫く考える。

兄はふと目に留まったチョコレートを見て「笑いの色は茶色ではないか?」と。

茶色だと考えた理由は「茶らける」「茶化す」「お茶目」

笑いに関することは「茶」の字が多いとのこと。

さらに茶色の理由に寺で聞いた説教の例えをだす。

寺で聞いた説教は「疲れた時に1杯のお茶を飲むと心がホッコリぬくうなる」とのこと。

だから笑いの字には茶が多いと兄は藤岡てんに説明する。

一旦は藤岡てんもその通りだと納得し喜ぶ。

しかしお茶は緑色で茶色ではないと、、、



兄は藤岡てんに北村藤吉が面白いことを言う人だと興味を示す。

すると藤岡てんは「日本一の芸人さんなんだ」と。

そして落語を見に行った理由を兄に打ち明ける。

じつは藤岡てんは落語が好きだと言っていた兄の代わりに落語を見に行き、どんな話をしていたか兄に教えてあげようとしていた。

しかし実際に落語を見に行くとみんなが笑いその笑顔がとても幸せそうなことに気づてビックリしたと兄に話す。


わろてんかあらすじネタバレ1週4話後編,酒泥棒の犯人は化け猫ではなく父だった!


翌朝、武井風太が酒瓶の酒量を確認します。

やっぱりお酒が減っています。

従業員は武井風太がお酒を売って小遣いにしているのだろ!と詰め寄ります。

武井風太は「わてではない」と完全否定。

そこへ藤岡てんの祖母がやってきて化け猫の仕業ではないかと。

なんでも藤岡屋には昔から化け猫がいて月が見えない暗い夜の真夜中に廊下をヒタヒタと歩く音が聞こえるとのこと。

これ以上お酒のことを詮索すると祟られると従業員や武井風太に注意します。

そう言われても武井風太は自分が犯人扱いされていることや化け猫が気になります。

そこで藤岡てんを誘い2人で夜中に化け猫が現れるのを隠れて待つことに。

すると遂に化け猫が現れます。

化け猫の姿を見て藤岡てんはビックリ仰天します。

それもそのはず、なんと化け猫の正体は藤岡てんの父親である藤岡儀兵衛だったからです。

藤岡儀兵衛は酒を瓶から器に入れて一気に飲み干します。



わろてんか1週4話はここで終わりです。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ1週4話の感想,化け猫が藤岡儀兵衛とは!


わろてんか1週4話では藤岡てんの気持ちが北村藤吉に傾き始めているのが分かりました。

藤岡てんはずっと北村藤吉が伝えようとした「笑いの色」を気にしています。

笑いの色なんて私自身も気にしたことがなかったので、笑いの色が何色かとても興味深いです。

しかしわろてんか1週4話で笑いの色の答えがでなくて残念です。


そして、わろてんか1週4話でビックリしたのは藤岡てんの父親で藤岡儀兵衛がお酒泥棒であったこと。

藤岡儀兵衛はわろてんか1週1話のホームパーティーでもお酒は飲まないとドイツの薬会社社長に話していましたよね。

それがなぜ夜な夜なこっそりお酒を飲むようになってしまったのでしょうか?

毎日ドイツ語の勉強をしていますので、そのストレスなのでしょうか?

それとも藤岡屋の経営に問題がありストレスとなっているのでしょうか?

藤岡義兵衛が2週目で自殺未遂事件を起こすとの情報もあります。


わろてんか2週目では藤岡儀兵衛の自殺未遂、そして藤岡てんの兄の藤岡新一が死亡するなど目が離せなくなりそうですね、


まずは明日のわろてんか1週5話を楽しみに待ちたいと思います。




スポンサーリンク













コメント(0)