So-net無料ブログ作成

エアカナダ143便滑空事故原因のエンジン停止は燃料切れ!機長のギムリーグライダーが奇跡の着陸! [ニュース]

このページは新しいサイトへ移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。






1983年7月に起きたエアカナダ143便滑空事故にスポットを当ててみました。

エアカナダ143便滑空事故の原因はエンジン停止によるものでした。

エアカナダ143便のエンジンが停止してしまったのは、まさかの燃料切れ。

なんと高度1万2000mでエアカナダ143便は燃料切れとなってしまいました。

にもかかわらず、エアカナダ143便滑空事故では死者が1人もなく、乗員乗客69人全員が救助されています。

エアカナダ143便の絶体絶命の危機を救ったのは、なんと機長ボブ・ピアソンの趣味のグライダー経験でした。

こちらではエアカナダ143便滑空事故の原因でエンジンがなぜ止まってしまったのか?

機長がエアカナダ143便の乗員乗客をどうやって救ったのか?


など詳しく紹介します。



スポンサーリンク






エアカナダ143便滑空事故,燃料切れでエンジン停止の原因はシステム変更か?


エアカナダ143便滑空事故があったのは1983年7月23日。

エアカナダ143便はカナダのモントリオール空港からエドモント空港へ向け離陸。

フライトはおよそ3500㎞でオワタ空港を経由し、飛行時間は5時間を予定していました。

エアカナダ143便の機長はボブ・ビアソン(当時48歳)

機長の総飛行時間は1万5000時間以上のベテランパイロット。

副操縦士はマウリス・クィンタル(当時34歳)

客室乗務員は6名。

乗客は61名。

エアカナダ143便は乗員乗客69名を乗せ離陸しました。

エアカナダ143便はボーイング767-200を使用。

じつはエアカナダ143便で使用したボーイング767-200は今まで利用してきたヤード・ポンド法からメートル法へと変更になって初めてのフライトでした。

また運悪く燃料搭載量情報システムが故障しており、フライトで利用する燃料を計算し手動入力することに。

しかしヤード・ポンド法からメートル法に変更になって初めてのフライトのため燃料の計算を間違えてしまいます。

その結果、エアカナダ143便に実際に給油された燃料はフライトで必要な量の半分。

不審に感じた機長や副操縦士などが再計算してみるものの、計算ミスに気付くことができません。

そしてついに燃料切れが発生。

エアカナダ143便滑空事故で全エンジン停止!上空1万2000mでの機長の判断は?


機内のコックピットで燃料切れを知らす警報装置が鳴りだしたのは、経由地であるオワタ空港を離陸した後のオンタリオ州の上空で高度1万2000mを飛行中の時。

しかし機長は燃料ポンプの故障だと勘違い。

手動入力し誤っている燃料数値を確認し、フライトに十分な燃料があると誤認。

そしてまもなく2回目の警報が鳴りだします。

これには機長もすぐさまウィニペグ空港へ緊急着陸することを決断。

しかし緊急着陸を決断した直後から左エンジン、右エンジンと燃料切れのため全エンジンが停止してしまいます。

全エンジンが停止してしまっては電気が使えません。

しかしエアカナダ143便には発電機が備えられていたこと、そして電気がなくても使用できる計器があり、そこから何とか滑空距離を調べ始めます。

緊迫した状態で出した答えは、ウィニペク空港までの距離は100㎞で遠すぎるため諦めなければならないこと。

適している距離は70㎞。

もっと近くに緊急着陸できる場所がないかと懸命に考えているとギムリー空軍基地を思い出し、ギムリー空軍基地に緊急着陸することを決断。

ですが今度はギムリー空軍基地が近すぎました。



スポンサーリンク






エアカナダ143便滑空事故の機長の奇跡の着陸はギムリーグライダーとなる!


緊急着陸に適しているのは70㎞。

しかしギムリー空軍基地までは40㎞しかありません。

そこで機長は蛇行運転をし距離を延ばします。

距離の問題は解決できましたが、また新たな問題が発生。

ギムリー空軍基地に着陸するにはエアカナダ143便の高度が高すぎました。

そこで機長は趣味でやっていたグライダーの緊急時の着陸方法をエアカナダ143便で挑戦します。

その着陸方法とは着陸寸前まで機体を横向きにして急降下し地面ギリギリで元の向きに戻すというもの。

もちろん今までに飛行機で試したことはありません。

しかしエアカナダ143便に搭乗している69人を救うためには、この方法しか考えられませんでした。

そして機長は見事にエアカナダ143便を着陸させます。

全エンジン停止という絶体絶命の緊急事態にもかかわらず死数はなんと0人。

その後、エアカナダ143便の滑空事故は世界中に広がり奇跡の着陸などと言われているようです。

そしてエアカナダ143便に利用した機体はギムリー・グライダーと呼ばれ事故後に再整備し20年間使われたそうです。

なんと機体が引退するフライトには当時のエアカナダ143便滑空事故に搭乗していた乗務員全員が搭乗したそうです。

じつは奇跡は着陸だけではありませんでした。

機長が緊急着陸に選んだギムリー空軍基地ですが、エアカナダ143便が緊急着陸した時はすでに空軍基地ではなくなっていました。

ギムリー空軍基地は民間の空港になっていて、エアカナダ143便が緊急着陸した日は滑走路を利用した自動車レースが開催され観客が多く集まっていました。

少し間違えば大惨事となっていたことでしょう。

しかし観客にも被害が全くなかったようです。

これもまさに奇跡ですよね。

今後も機長の奇跡の着陸は語り継がれていきそうです。


エアカナダ143便滑空事故について最後に一言


エアカナダ143便滑空事故の原因は全エンジン停止ですが、もともとは人的ミスですよね。

ちょっと飛行機に乗るのが怖くなってしまう事故です。

昔は飛行機に乗る人は限られてたと思いますが、現在は海外旅行者も増えてしますし、仕事で飛行機を利用する人も多いのではないでしょうか?

エアカナダ143便ではエンジン全て停止してしまったのにもかかわらず、機長の判断で奇跡的に生還しています。

ですが、搭乗していた乗客は飛行機がトラウマになってしまったのではないでしょうか?


飛行機のフライト前には念には念を入れて厳重にチェックしてほしいものです。


以上がエアカナダ143便滑空事故について調べた結果です。



スポンサーリンク














コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。