So-net無料ブログ作成

わろてんかあらすじネタバレ2週7話&感想,ヒロイン役が葵わかなに変更で松坂桃李との再会はいつ? [ドラマ]

このページは新しいサイトへ移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。






NHK朝ドラわろてんか2週7話のあらすじネタバレと感想をまとめてみました。

わろてんか2週目のあらすじは兄(千葉雄大)の病死説や高橋一生が見合い相手として登場、そして藤岡てんの父が自殺未遂を起こしてしまうようです。

兄(千葉雄大)は喘息の持病があるようですので、喘息が原因で病死してしまうのでしょうか?

また高橋一生さん演じる伊能栞が今後どのようにして藤岡てんに関わっていくのかも楽しみですね。

こちらではNHK朝ドラわろてんか2週目のあらすじをざっくり簡単に紹介し、その後わろてんか2週7話のあらすじネタバレを紹介します。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週7話のまえに6話おさらい


NHK朝ドラ1週6話は北村藤吉が舞台で失敗したことを励ますため藤岡てんはチョコレートを持って北村藤吉のところへ向かいます。

そして北村藤吉と屋根の上で話し、北村藤吉が失敗したのは初舞台であったこと、北村藤吉の家庭に笑いが全くなかったことなどを話し始めます。


北村藤吉が旅芸人になったのは北村藤吉の育った家庭が影響していて、日本中の人を明るくぬくぬくにしたいからでした。

北村藤吉は初舞台で失敗したことから旅芸人としてやっていく自信をなくしていましたが、藤岡てんが北村藤吉の1人芝居に笑ってくれたことで勇気が湧き旅芸人を続けることに。

そして藤岡てんに旅先から手紙を出すことを約束し、チョコレートのお礼として鈴をプレゼントします。


わろてんか2週7話からは藤岡てん役が葵わかなさん、武井風太役は濱田岳さんです。


わろてんか2週目のあらすじネタバレをざっくり簡単に,藤岡てんの兄(千葉雄大)が死去&高橋一生は見合い相手役&父が自殺未遂?




NHK朝ドラわろてんか2週目のあらすじをざっくりと簡単に紹介します。



17歳になったてん(葵わかな)は家族に内緒で藤吉(松坂桃李)から届く手紙を楽しみにしていた。そんなある日、てんに縁談話が持ち上がる。てんは気持ちの整理をつけるため藤吉に会おうと大阪へ向かうが、悪い男たちに絡まれてしまう。だが偶然にも縁談の相手・伊能(高橋一生)に助けられ難を逃れた。無事京都に戻ったてんだったが、藤岡屋の倉庫が火事で全焼、店は倒産の噂が流れ債権者が押しかけて大騒ぎになる。その対応に追われ忙しくなる中、頑張っていた兄の新一(千葉雄大)が病に倒れる。

引用:NHKわろてんか



わろてんか2週目からはキャスト紹介も終わり藤岡てんの波乱万丈なドラマが始まりそうです。


それではNHK朝ドラわろてんかあらすじネタバレ2週7話に入ります。

わろてんかあらすじネタバレ2週7話,兄は大学休学中で研究所通い!


明治43年(1910年)夏

藤岡てんは17歳。

年頃になった藤岡てんは食事の支度を手伝うようになりました。

朝食で藤岡てんが焼いた魚を食べた祖母が上手に焼けていると褒め、今すぐお嫁にだしても恥ずかしくないと。

藤岡てんはまだ学生でお嫁に行くのはまだまだだと反論。

ですが祖母には藤岡てんの反論は通用しません。

祖母は早く婚約者を決めなければいけないと、、、


藤岡てんの兄は自分の結婚話になりそうなことに怯えさっさと食事をすまし研究所へ出かける準備を始めます。


藤岡てんの兄は現在も療養中で帝国大学薬学科を休学し、体調を見ながら知り合いの研究所に通っています。

するとそこに武井風太が北村藤吉の手紙を持って藤岡てんの前に現れます。

しかしなかなか手紙を渡してくれそうにありません。

その手紙を上手に取り上げてくれたのは藤岡てんの付き女中トキでした。

藤岡てんがトキにお礼を言い、トキと武井風太がいつもケンカばかりなので仲良くするようにと付け加えます。

すると武井風太が「お断りだ、こんなピーチクパーチク」と。

それに対してトキが「誰がピーチクパーチクだ」と反論し2人のケンカが始まります。




スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週7話後編,北村藤吉の手紙がバレたあと高橋一生との縁談話が!


藤岡てんが学校の庭で北村藤吉の手紙を読んでいます。

手紙の内容は「北村藤吉が大阪の寄席の最後に出演する主役を任されたこと、日本一の芸人になったら藤岡てんに会いに行く」と綴られていました。

嬉しそうに藤岡てんが手紙を読んでいると学友3人が近づいてきて、藤岡てんの手紙に興味を示します。

学友たちが恋文ではないかと藤岡てんに聞きます。

すると藤岡てんは違うと言いながらも学友たちの質問に答えます。

学友たちは手紙相手はどんな職業か?と。

藤岡てんは「芸人さん」と答えます。

すると学友の1人が「芸人はその日暮らしの旅ガラスで、落ちこぼれや半端者がなるものだと父から聞いた」と学友たちに話します。

しかし藤岡てんは「違う、この人は皆を笑顔にして幸せにしたと思っている立派な人」と反論。

そこへ藤岡てんの背後から学校長が近づいてきて手紙を取り上げます。

そして藤岡てんの母親が呼び出されることに。

学校長からは芸人から恋文などはしたない、本来なら退学だと言われてしまいます。

しかし母が娘を言い聞かせると言い、退学は免れました。

学校からの帰り道、藤岡てんは母親に芸人からの手紙がいつからかと聞かれ、笑い禁止令が出ていた頃と正直に話します。

手紙が届くのは年に1、2度でくすり祭り以来会っていないと伝え母親を安心させようとします。


そんな娘を見て母親は「あんたは藤岡屋の娘としていづれはどこかの商家に嫁ぐ身。それが生まれ持った定め。父親には絶対話さないから忘れなさい。」と藤岡てんを諭します。


その頃、藤岡てんの父親は伊能製薬という大阪の先進的な薬品会社の社長を訪ねていました。

藤岡てんの父親は藤岡屋を守るため伊能製薬との提携を考えます。

そこで伊能製薬から家との繋がりを求められ、伊能製薬の息子と藤岡てんの縁談話が持ち上がります。

しかしこの縁談話が藤岡屋を揺るがす大事件へとなるようです。


ここでNHK朝ドラわろてんか2週7話は終わりです。



スポンサーリンク






わろてんかあらすじネタバレ2週7話の感想,松坂桃李との再会はいつ?


NHK朝ドラわろてんか2週7話では藤岡てん役が葵わかなさんになりましたね。

葵わかなさんの笑顔もとっても可愛いですね。

わろてんか2週7話では藤岡てん役は年齢が17歳の設定です。

17歳で縁談話とはやはり昔は結婚が早いですね。

しかも昔はお見合いが普通でした。

そして芸人の扱いもずいぶんと酷いものですよね。

今の時代はお見合いは珍しく芸人は人気者です。

今の時代なら北村藤吉と藤岡てんの恋愛もスムーズだったかもしれませんね。

しかし恋愛に障害が多かったからこそ、藤岡てんと北村藤吉の恋愛は燃え上がったのかもしれませんね。

わろてんか2週7話では北村藤吉が日本一になったら藤岡てんに会いに行くと約束しています。

藤岡てんと北村藤吉はいつ再開するのでしょうか?

再会が何話なのか気になり調べてみました。

北村藤吉と藤岡てんの再会はどうやら、わろてんか3週目13話のようです。



それでは明日のわろてんか2週8話を楽しみに待ちたいと思います。



スポンサーリンク












コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。