So-net無料ブログ作成

水戸済生会総合病院で医療ミス原因や場所はどこ?筋弛緩剤も紛失! [ニュース]

水戸済生会総合病院で医療ミスがあったことが判明しました。

水戸済生会総合病院の場所はどこにあるのでしょうか?

水戸済生会総合病院の医療ミスというのは入院中の患者が10倍の塩酸モルヒネを投与されていたというもの。

10倍のモルヒネを投与された患者は死亡しています。

水戸済生会総合病院の場所の地図や水戸済生会総合病院の医療ミスの原因など、気になることが多くありましたので詳しく調べてみました。

すると今年2月に水戸済生会総合病院の場所で筋弛緩剤を紛失していることも分かってきました。

まずは水戸済生会総合病院の医療ミスからお伝えします。




スポンサーリンク






水戸済生会総合病院の医療ミスでモルヒネ10倍の原因は?病院の場所は茨城のどこ?


水戸済生会総合病院の医療ミスで入院中の患者が死亡していたことが判明しました。

水戸済生会総合病院の医療ミスで死亡した患者は69歳の女性で、今月1日に別の病院から転院してきていました。

別の病院から転院してきた患者は今月14日に拡張型心筋症の手術を受ける際に痛み止めとして塩酸モルヒネ2.5gを投与するはずでした。

しかし実際に投与されたモルヒネは25g。

なんと投与予定の10倍のモルヒネを投与されてしまいました。

水戸済生会総合病院の医療ミスで10倍のモルヒネを投与された患者は意識不明の重体となり、残念ながら今月26日に死亡したそうです。

患者に10倍のモルヒネを投与してしまった医療ミスの原因の詳細は判明していません。

現時点では医師の指示が女性看護師に適切に伝達されず、誤って10倍のモルヒネを投与されてしまった可能性が高いとされています。

医療ミスのあった水戸済生会総合病院では10月3日に記者会見を開く予定です。

記者会見でより詳しい医療ミスの原因の説明があるかもしれません。

ところで、医療ミスのあった水戸済生会総合病院の場所はどこになるのでしょうか?




スポンサーリンク






医療ミスがあった水戸済生会総合病院の場所はどこ?地図では茨城県水戸市?


水戸済生会総合病院の現在の病院長は村田実院長です。

水戸済生会総合病院は救急病院で平成21年からはドクターヘリでの救急患者も受け付けています。


従来からの救急告示病院としての役割に加え、順次救命救急センターや総合母子周産期医療センターを開設し水戸医療圏はもとより隣接医療圏の、そして平成21年には茨城県ドクターヘリの基地病院の指定を受け茨城県全体の三次救急も担当し、救急医療に力を注いできました。このように水戸済生会総合病院は地域に密着した高度医療の提供と救急医療への貢献を2本の柱に掲げ発展してきました。

引用:水戸済生会総合病院

水戸済生会総合病院の医師や看護師の評判はとてもよく、今回の医療ミスはとても残念でなりません。


水戸済生会総合病院の場所の地図,筋弛緩剤も紛失していた?







※マークの場所が水戸済生会総合病院近辺です。


住所:茨城県水戸市双葉台3丁目3番10


じつは、この水戸済生会総合病院で今年2月に筋弛緩剤が紛失していることが判明しています。




スポンサーリンク






水戸済生会総合病院の場所で医療ミス前に筋弛緩剤の紛失届提出していた!紛失の原因は?


水戸済生会総合病院で筋弛緩剤を紛失したことが判明したのは2月21日。

薬剤師が21日の午前7時40分に保管庫に40本の筋弛緩剤を確認。

弛緩剤を使用する際は薬剤管理簿に記載するとのこと。

しかし、同日午後3時40分に筋弛緩剤の数を確認すると本来あるべき数より1本足りないことが判明したそうです。

水戸済生会総合病院で紛失した筋弛緩剤は「ロクロニウム(商品名エスラックス)」50ml1本。

この筋弛緩剤は毒薬に指定されていて紛失した1本で成人3人の致死量に相当するそうです。

水戸済生会総合病院では筋弛緩剤を探したそうですが、見つからなかったため盗まれた可能性もあるとして警察に紛失届を提出しています。


筋弛緩剤の紛失の原因としては薬剤管理簿の記載を誤った可能性が高いとしているようです。


しかし最近は病院での事件も増えてきているので、盗まれた可能性も捨てきれません。

万が一にでも他の患者に投与されないように厳重に注意してほしいと思います。


以上が水戸済生会総合病院の医療ミスなどについて詳しく調べた結果です。



スポンサーリンク











コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。