So-net無料ブログ作成

中山秀征の書道は特待生って何段?書道作品の画像で下手かチェック! [人物]

中山秀征さんが50歳を迎えたことを機に書道を本格的に始めようと考えているようです。

中山秀征さんは学生の頃に書道の経験があり書道の特待生だったそう。

中山秀征さんが取得している書道の特待生とはどんなものなのでしょうか?

また中山秀征さんが取得している書道の特待生とは段だと何段になるのでしょうか?

中山秀征さんは書道の特待生とのことですが、書道の腕前は下手なのか?

それとも上手いのか?

中山秀征さんの書道の特待生について気になることが多くありましたので、中山秀征さんの書道の作品画像を交えながら調べた結果をお伝えします。



スポンサーリンク





中山秀征の書道の特待生って何段?作品画像はどれ?


中山秀征さんの書道の腕前は特待生とのこと。

書道の特待生とは段だと何段になるのでしょか?

じつは、書道の特待生というのは一般(大人)の部になるとありません。

書道の特待生というのは学生(中学生まで)の部だけに存在するものだそう。

ですので中山秀征さんが特待生と言っているのは、学生時代に取得したもので一般の部のものではありません。

中山秀征さんが取得した書道の特待生とは学生の部の最高の段である8段の上となります。


中山秀征の書道の特待生は学生時代に取得?作品画像は何段なの?


中山秀征さんが取得した書道の特待生は学生の部にあるものです。

中山秀征が書道を始めたのは小学校1年生で、高校1年生の頃まで書道を習っていたとのこと。

中山秀征さんが取得した書道の特待生は学生の部の8段の上です。

書道の8段まで取得するにも1級ずつテストを受けなければなりません。

ですので書道の8段より上の特待生を取得するには、ある程度の書道経験年数が必要となります。

中山秀征さんは小学校1年生~高校1年生まで書道をしていたとのことですから、特待生を取得するには十分な期間があったようです。

この中山秀征さんが取得した書道の特待生ですが、じつは資格ではありません。

ですのでもし履歴書に記入する場合には、特技の欄になります。

中山秀征の書道の特待生の基準ですが、じつは書道の団体によって多少異なります。

書道の団体は数百団体あると言われており、それぞれの団体の基準で級が決められます。

つまり基準が統一されていせん。

ですのでもし中山秀征さんと同じ書道の特待生の人がいたとしても、中山秀征さんが取得した団体でない場合、団体の基準により書道の実力には若干差がでてくるようです。

さて中山秀征さんが取得した書道の特待生は学生の部にあるものと分かりました。

では中山秀征さんが取得した書道の特待生が一般(大人)の部の段にすると何段くらいになるのでしょうか?

中山秀征さんが取得した書道の特待生が一般では何段くらいになるのか気になり調べてみました。

するとどうやら、一般の部では3~5級程度のようです。

中山秀征さんが取得した書道の特待生は一般の部では初歩的な知識が身についている程度とされるようですね。

書道の世界も意外と厳しいのですね。



スポンサーリンク





中山秀征の書道の特待生の作品画像は下手?現在は段なし?


中山秀征さんの書道の腕前は特待生とのことでした。

そして中山秀征さんが取得している特待生は学生の部のみに存在するもので、一般の部にはないもの。

中山秀征さんが取得している特待生のレベルは一般の部にすると3~5級レベルで初歩的な知識が身についているくらいであると分かりました。


中山秀征さんはテレビ出演などで何度か書道の作品を披露しています。

中山秀征さんの書道の作品を見て上手という人もいれば、下手だと言う人もいます。


ここで実際に中山秀征さんの書道の作品画像をチェックしたいと思います。






いかかでしょうか?

中山秀征さんの書道の腕前は一般の部だと何段くらいになるのでしょうか?

中山秀征さんは現在一般の部の段を取得しているのでしょうか?

中山秀征さんの書道の情報は特待生だったということ、そして高校1年生頃まで書道を続けてたということです。

そして最近書家から基本を学び直しているとのことですので、恐らく一般の部での段は取得していないものと思われます。

今後本格的に書道を始めてから一般の部の段を取得するのではないでしょうか。


中山秀征さんの書道の特待生の腕前について私の個人的な意見ですが、書道で書く字には得意な字と不得意な字が誰にもあると思います。

そして書道の作品を見る人の好みも上手か下手かの判断に若干加わると思います。

中山秀征さんは書道を本格的に始めようとしているところです。

もしかしたら中山秀征さんの書道が下手だと言われてしまったのは、中山秀征の苦手な字だったのかもしれませんね。


私も2年ほど前までは書道を習っていました。

書道を習っている時は書道の先生に「筆で手紙をたくさん書きなさい」と教えられていました。

それまでは筆ではもちろん手紙さえ書くことなどなく、友人や知人とのやり取りはメールが日常的。

ですので手紙を書くところがなく、どうしたらいいか?

と書道の先生に相談したところ先生へ手紙を書く許可をいただき、書道の先生によく手紙を書くようになりました。

そして私が筆で書いた手紙は書道の稽古の際に、先生が文字や文章を丁寧にチェックしてくれました。

書道の稽古は先生との会話などとても楽しいひとときだったのですが、書道の先生が引退してしまったことで私も書道から遠ざかることに、、、

ですがせっかく書道の先生が親切に教えてくださった筆で手紙を書くことを忘れないように、近いうちに私も中山秀征のように書道の稽古を本格的に再開したいと思います。



以上が中山秀征の書道の特待生は何段か?や書道の作品画像をチェックした結果です。



スポンサーリンク











コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。